アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

焼く道具!

顔写真
明石 英一郎 プロフィールへ
気がつくと、バーベキューの道具が妙に増えていた。
私にとってバーベキュー = 炭火 ではない。
なぜなら、炭火はコントロールが非常に難しい。酒を飲みつつゆっくりと楽しみたいが、
火力がマックスになってしまうと、次から次へと肉やシーフードが焼きあがり、
「あずましくない」ったら、ありゃしない。しかも、炭の後始末も面倒臭い。
色々試した結果、最も使用頻度が高いのがこれ!
  • 画像
昔ながらの焼肉店の「ロストル型グリル」を、カセットボンベタイプにしたもの。
もちろん換気設備のない屋内では使えないが、鉄の熱伝導部分とスリットの直火部分の
バランスが良い。とても美味しく焼けて、火力調整もバッチリっ簡単だっ!

部屋で使うとなると、これもある。
  • 画像
直火には当たらない構造なので煙はほとんど出なく、外縁部に向って下り傾斜のため、
余計な油も落ちる。 プレートを取り外すと中はこうなっている。
  • 画像
中心部の溶岩組成の小石を下からカセットコンロで加熱すると、均一に発熱する仕組み。
回りには水を入れ、そこに油が落ちる。サムギョプサルならこれだ!
焦げ付かないので、洗うのも楽だぞ。

ホルモンと野菜を混ぜ混ぜにして、最後に麺をぶっ込むなら、こちらも雰囲気満点だ。
  • 画像
どうだっ!セコイ材料でも何だか本格的に見えてしまう、堂々たる石鍋!
道東の「ホルジン」(ホルモンと味付けジンギスカンのMIX)にはピッタリだぞ。
もちろんホルジンは立派な材料だ。
焦げ付いたら、お好み焼きの「こて」でガリガリ擦るべし。
ひたすら重いのが難点だが、ガンバレ、上腕筋肉群!

自分だけのつまみ目的で、ちょびちょび焼きたい場合は、これだ。
  • 画像
電気で発熱するが、ハガキサイズのためブレーカーが落ちる事はまずない。
ホタテもよし、竹輪もよし、一瞬 海苔を炙って日本酒なんて通ですなー。

で、この前のっけたのはこれっ!
  • 画像
そうなんだ。この季節はササ筍・・・しかも皮付きのまま蒸し焼きにっ。
これは旨い!表面がパリパリになるのを待って「あっちっち」と皮を剥くと・・・
  • 画像
湯気とともに、美しい春の味覚が姿を現してくれるのだ。
醤油よし、ハーブ塩よし、今宵はにんにく味噌でいただくとしよう。
青い香り、かすかなエグ味、心地よい歯ごたえ・・・山の幸に感謝だ。

さあて、今度はどの道具を使ってやろうか? 思案もまた楽し。

明石 英一郎のバックナンバー