アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

どぜう鍋・・・もどき

顔写真
明石 英一郎 プロフィールへ
スーパーの魚売り場を彷徨っていると、「安いっ!」晩酌の素を発見。
それがこれ!
  • 画像
もちろんこの値段なので、大きいはずがなく、ましてや卵を抱えたメスであるはずもない。
それを承知で買うのだ。ある目的のために・・・。その目的とは
「どぜう鍋」ではなく「どぜう鍋 風ハタハタ鍋」!!。秋田のしょっつる鍋とは全く違うぞ。

ハガキの横サイズの小さなハタハタを、とにかく三枚におろす。
身が柔らかい魚なので、かなり面倒臭いが、至福の晩酌を迎えるためだ。頑張れ、俺!
内臓を抜き、頭を落とし、背びれ・腹びれを除いたのがこれ。
  • 画像
ここで必要なのが、縁の浅い鉄鍋。明石は、趣味のリサイクルショップめぐりで400円で入手したが、
最近人気の「100スキ」=100円ショップで売っているスキレット(厚い鉄製の直径15センチ程度の
フライパン型鍋)で十分OK! そこに、ハタハタを皮を下に敷きつめる。
  • 画像
そして、これでもかと言う程の「ささがきごぼう」を乗っける。ケチるな、男らしく行け!
  • 画像
割り下(めんつゆ・砂糖・酒)をひたひたに入れて加熱。ごぼうが柔らかくなったところで
大量の葱のみじん切りを投入。酒飲みは葱好きが多いぞっ!
  • 画像
え?なんで葱を最初から入れないかって?それだと葱が「くたくた」になり過ぎるでしょ。
まあ、あくまで好みだけどね。葱が好みの状態になるまで、ビールをやりながら、
わくわくの時間が過ぎて行く。
  • 画像
さあ、食うぞっ!山椒は絶対必要。七味唐辛子もいいねぇ~。
ほおばると「むふむふ」な感じ。どぜうと違ってほとんどクセがないが、野趣溢れる
ごぼうの風味がたまらないのだ。
  • 画像
ちなみに、今のシーズンは「ワカサギ」を使うと最高。サイズにもよるが、小さいのだと
骨を除かずに、いわゆる「丸」で行きたいところ。より「どぜう」っぽくなるぞぉ~。

半分残して、溶き卵でとじて「柳川鍋」も、もちろんアリだ!その場合は三つ葉を乗っけたい。

結局、大満足の一鍋でも400円ぐらいだろうか?

安いものを、アイデアで美味く! 休日の午後は楽しい。

明石 英一郎のバックナンバー