アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

何を書く?

顔写真
明石 英一郎 プロフィールへ
新入学シーズン、プレゼントに万年筆が復活して来たと報じられている。私も一本持っている。
お世話になった方の形見だ。とても貴重なものを、悪筆の私が・・・と逡巡したが、
是非ともとの事なので拝領させていただいた。だから自慢ではない事をご理解いただくとして、
なんだか恐れ多いんだ。それがこれ!
  • 画像
モンブランのミゲール・セルバンテスモデル。「ドン・キホーテ」の作者の名前を冠した
一本だそうだ。キャップを外すとこうなる。
  • 画像
18Kのペン先がこれ!
  • 画像
ドン・キホーテが巨人と見立てて戦いを挑んだ「風車」のデザインが刻印されている。
こまかーっ!使っていいんだろうか 俺? そんでもって、これ!
  • 画像
現存するセルバンテスのサインが、デザインとして再現されている。
しつこいけど、使っちゃっていいんだろうかー 俺? そんでもってとどめの一撃がこれ!
  • 画像
世界1万7000本の限定製作。これはその1万459本目の刻印。
ひえー、またまた 使っていいんだろうか?俺。
でも待てよ・・・道具は使われてこそ、その価値を発揮するものだ。ビビッていては頂いた意味が無い!
勇気を持って書いてみよう! でも何を書く?ペン習字というのも普通すぎるぞ。
かっちょいい漢字なんかどうだろう。画数が多いのを上手く書けたらイイなあ。
「そうだ!あれだ」と、やっちゃったのがこれ。
  • 画像
お経ですか?戒名ですか?違う違う。よく読むべし。戦国武将や大名の名前を、官職も含めて書いてみた。

「わしの名を、よっくもミミズのような筆跡で書きおって、無礼者!成敗してくれるは、そこに直れぃ!」
「ひえー、それだけはご勘弁をー」

出世に伴って官職が変化する場合も含めて、武士の名は面白い。官職によって貫禄がぐぐっと増す。字はミミズだけど。
石田はジブノショウユウ ミツナリ、羽柴はチクゼンノカミ ヒデヨシ、大岡はエチゼンノカミ タダスケ、
明智はちょっとややこしくてコレトウ ヒュウガノカミ ミツヒデ、
浅野はタクミノカミ ナガノリ、遠山の金さんはサエモンノジョウ カゲモト、
織田はカズサノスケ ノブナガ。 ちなみに上総介(カズサノスケ)の「介・スケ」は、乱暴に言うと
地方行政のナンバー2である次官、トップの長官なら「守・カミ」となる。
でも、魔王と恐れられたあの性格の信長が、なぜ守(カミ)ではなく、
格下の介(スケ)を名のったんだろう? だから歴史は面白い。
おっと、それよりもミミズだミミズ、なんとかせねば。駄文にお付き合いいただき



  • 画像

明石 英一郎のバックナンバー