アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

渋いつまみ

顔写真
明石 英一郎 プロフィールへ
立ち飲み屋などに行くと、思わず手を出す渋いメニューがある。
カレーだ。しかもルーだけ。ライスは無しっ!だって食事ではなく、
あくまで酒肴(つまみ)だから。先日、どデカサイズの
ズッキーニをもらったので、自分で作ってみた。
どれぐらいデカイかと言えば、こんな感じ!
  • 画像
ものさしや愛飲のカナディアンウイスキーのボトルと比べて、
「これ、食えんの?」レベルだ。
しかし・・・
食べられると保証しよう。スーパーの野菜売り場には、種が入る前の
ごく若いズッキーニしか並ばないが、このサイズまでは種も小さく
柔らかく、問題ない。

材料は、ズッキーニ・融けるチーズ・レトルトカレーでOK。

ズッキーニを適当に切って、グラタン皿に乗っける。
  • 画像
そして、電子レンジで完全に熱を通す。
  • 画像
これをしないと失敗するぞぉー。
加熱が済んだズッキーニに、レトルトカレーをかける。
  • 画像
好みだが、つまみなので辛口が良い。
硬い食感を求める場合は、キーマカレーもありだ。
それに、融けるチーズを適当に乗っけるべしっ!
  • 画像
チーズがあると無しでは、
つまみとしてのグレード感に大きな差が出るぞ!
今度は、オーブントースターで加熱。
  • 画像
赤い光の中で、融けたチーズがキラウエア火山の噴火口の如く
ふつふつ・・・ああ!完成が待ち遠しい。体がビールを求めている。
ズッキーニは電子レンジで加熱済みなので、チーズが好みの状態に
なればOKだ。おお、いい感じだ。
出来たっ!!
  • 画像
どーだい、この とろけ具合。
いいんでしょ、いいんでしょ、いいっちゅんでしょぉー。
軽く焦げたチーズの風味が最高だ。
繰り返すがライスは入っていない。蕎麦屋の「ぬき」と同じだ。
で、食べる時は・・・
  • 画像
そう、絶対に小さいスプーンで食べるべし!
間違ってもカレーライス用のスプーンを使ってはいけない。
つまみは「ちびちび」やるのが醍醐味なのだ。

ちなみに、どデカズッキーニの入手先は、行きつけのススキノの
焼き鳥店。家庭菜園の達人の常連さんからもらったのだ。
え?ススキノのからどうやって持ち帰ったかって?
こうやって地下鉄に乗るんだよ!(勘定後の本人の雄姿)
  • 画像

明石 英一郎のバックナンバー