アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

ホヤの酒宴

顔写真
明石 英一郎 プロフィールへ
どうしてもホヤが食べたくなった。そう、あのホヤだ。
あれほど好き嫌いが分かれる食材も珍しい。
私などは、あのほのかな苦味と海の香りに、この上なく魅了される。

で、丸まんまのを買ってきた。当然自分でさばく。

まず、先端部分をキッチンバサミで落とす。人によってはその際に出る
中の液体(海水と旨みが混じったもの?)を捨てずに、酢に混ぜて酢の物にする
人もいるが、今日は刺身なので捨ててしまう。

で、そこからハサミで切り進める。
  • 画像
表面の硬い皮だけを切った方が料理人っぽいが、どうせ最後は切り刻むんだ。
細かい事は気にせず、ジョキ、ジョキ、ジョキ・・・

数箇所切ったら、開いてみよう!
  • 画像
おっと?怪獣ファンにしか分からないが、ウルトラマンに登場したガボラの
開いた襟巻きに似ているぞっ!ちなみにガボラは、ネロンガの着ぐるみの改造だ。

で、皮から 食べる身を はがしてみよう。
  • 画像
こんな感じで、簡単にピローンと はがれる。
全て はがして引っ張ると・・・

  • 画像
このように、完全に皮と身が分離する。
本当は、最初のハサミを最小限に抑えて皮だけを切って、身がボール状に
プルルンと はがれた方が料理人っぽいが、そもそも、私は料理人じゃないし・・・。

今度は、食べる部分を整えよう。
  • 画像
ぺティナイフで、黒いウロ状の部分を取り除く。
食べられない事はないが、味が濁るので私は捨ててしまう。
貝のウロを食べるか食べないか?と同様、このあたりは好き嫌いの範囲だ。

きれいになったら、好みの大きさに切り分ける。
  • 画像
切る前に薄い塩水で洗うが、あくまでもササッと数秒で!
時間をかけると、海の風味が飛んでしまうから要注意だ。

で、タコの頭のぶつ切りと盛り合わせて、この日の酒肴が完成っ!
  • 画像
なぜ急にホヤが食べたくなったのか?

実は、誕生日に飲み仲間から頂いた日本酒に合わせたかったのだ。
重要なのは、日本酒「を」合わせるのではなく、日本酒「に」合わせる事。

そう、今夜は酒が主役! 山形の酒「弁天 純米大吟醸原酒 備前雄町」だ。

大吟醸といっても、香りが立ち過ぎて料理と喧嘩する事も決してなく、
かつ、あくまでも主役としての存在感を放つ。これは良い酒だ。
(えー、特に日本酒に詳しい訳ではないが、私の神的存在である太田和彦氏を
 リスペクトして・・・の表現。お許しをっ!汗)

ホヤを一口食べる毎に、その苦味が口の中を新鮮に戻してくれて、
次の一杯、次の一杯へと続いて行く・・・。

こんな、酒との付き合い方があっても良いものだ。



 

明石 英一郎のバックナンバー

2017年 (10件)

2016年 (13件)

2015年 (11件)