アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

手短に

またこの時期がやってきました。そうです・・・

4週連続ハリー・ポッターの秋!!!!!!!!

「金曜ロードSHOW!」で10月20日(金)から4週に渡って映画「ハリー・ポッター」シリーズを放送するというもの。私は随分前に予告でこのことを知ったのですが、その瞬間の胸の高鳴りといったら!ポッタリアンとして何かこのイベントに貢献できないかと思い立ち、日誌を書いております。

今回は3作目「アズカバンの囚人」から6作目「謎のプリンス」までの放映です。ということで、僭越ながらこの場をお借りして映画の見所を私なりにお伝えできればと思います。溢れ出る愛を必死に抑えてなるべく短くしますので、お付き合い下さい。

(3)アズカバンの囚人・・・新たに登場するもの多数!!
占い学や魔法生物飼育学など新しい授業が始まり、魔法の奥深さに触れることができます。登場人物も続々と増え、物語の鍵を握る人物も実は非常に多く登場しているんです。「エクスペクト・パトローナム」や「バタービール」など、皆さんも一度は聞いたことがあろう言葉も出てきます。私は特に、逆転時計で時間を巻き戻す一連のシーンが好きです。

(4)炎のゴブレット・・・難関な課題の数々と衝撃のラスト!!
三大魔法学校対抗試合が約100年ぶりに開催されることになり、ホグワーツに他の魔法学校の生徒も集結!それぞれ違った特徴があり、面白いです。ダンスパーティーなど華やかなシーンもある一方で、各代表が挑む課題は常に危険と隣り合わせのため、スリリングなシーンから終始目が離せません。最後に信じ難い展開が待ち受けているので、心の準備をお願いします。

(5)不死鳥の騎士団・・・手に汗握る戦い、そして訪れる出会いと別れ!!
物語は厳しい局面に突入。魔法省と対立してしまったハリーは、危うい立場に立たされます。そんな中、生徒たちの恋模様がクローズアップされるのも見所。ハリーの男としての成長も垣間見えると思います。個人的には魔法省のドローレス・アンブリッジに激しくイライラしてしまうので、チョコレートなどがお手元にあるとリラックスして見られるでしょう。

(6)謎のプリンス・・・突きつけられる現実と立ち向かう運命!!
ハリーもホグワーツ6年生になり、直面する現実はどんどん過酷なものになっていきます。16歳にしてはあまりに大きな重荷を背負うことになったハリー。だからこそ、仲間の存在が光ります。闇の帝王ヴォルデモートの過去が明らかになるのも見所。涙なくしては見られない、心が締め付けられるような展開です。クィディッチのシーンがあることが唯一の救いかもしれません。



いかがでしょうか?本当はもっとお伝えしたいことがあるのですが、あとは皆さんが放送をご覧になって感じてください。今週の金曜からスタートです!お見逃しなく。