アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

耐えた先に・・・

信じがたい1ヶ月間でした!ファイターズは、ここまで4勝16敗。毎朝もどかしさを押し殺しながらスポーツ紙を開いている方も多いでしょう・・・。ただ、苦しいチームの中でも新芽は逞しさをみせています。石井一成選手(22)。栃木県出身、野球の名門・作新学院高校から早稲田大学を経て2016年ドラフト2位でファイターズに入団した内野手です。新人唯一の開幕1軍入りを果たすと20試合中14試合で二塁手としてスタメン出場しています。早稲田大学野球部の高橋広監督が話す、石井選手の最大の武器は“送球の強さ”です。「出会いは彼が大学2年生の時。三遊間の一番深い所からの送球の強さ、一目で大学NO1だと思いました」ということです。それを可能にしているのは、“握力”と“手首”の強さです。右手の握力は78kg。お父さんからの言いつけを守り、石井選手は少年時代から毎日お風呂場で、市販の器具を使い握力を鍛えていました。そして、手首の強さは、指導者人生41年目・高橋監督が出会った中で「NO1です」と絶賛。どちらも地味なトレーニングで鍛える箇所、高橋監督は「誰も見ていなくとも寡黙に努力をつめる選手という証」と話していました。中心選手の相次ぐ離脱というピンチにも浮き足立つことなくプレーが出来る理由が、その言葉に凝縮されているように感じます。
若い才能中心のチームに、主砲・中田翔選手、期待の新戦力・大田泰示選手も昨日1軍に合流。逆襲への戦力が整いつつあります。2人と時を同じくして北海道へ到来した桜前線のように、チームも冬から春へ。底力あるチームの真価はこれから発揮されていきます。4月最後の試合、30日(日)のイーグルス戦は午後2時からSTVで実況生中継します。
(解説:稲田直人さん、リポーター:岡崎和久アナウンサー、実況:神谷)
そして!放送中、スペシャルゲストも登場する可能性があります。賑やかになりそうな予感・・・。ご期待ください!!

神谷 誠のバックナンバー

2017年 (4件)

2016年 (12件)

2015年 (18件)