アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

プロ野球セ・パ交流戦は2017年の全日程が終了。今季の交流戦では、プロ野球界でも珍しいほど少年時代から深い縁で結ばれた2人のプロ入り後初対戦が実現しました。早稲田大学からファイターズにドラフト2位で入団した石井一成選手、明治大学からスワローズにドラフト2位で入団した星知弥投手。1994年生まれの同学年、共に栃木県の北東部に位置する那珂川町(なかがわまち)出身、小学生の時から大学まで各ステージで数え切れないほど対戦を繰り返してきました。小学6年生の時には、石井投手から星選手が逆転満塁HR。石井少年は悔しさのあまり、寝る時に必ず見える位置に新聞の記事を貼り付けてリベンジに燃えた言います。高校3年生の夏の甲子園へ続く栃木県大会決勝、作新学院の1番ショートでスタメン出場した石井選手は、宇都宮工業・星投手を含めた2投手から3安打猛打賞の活躍で甲子園出場を勝ち取りました。石井選手は「星はライバルであり、食事にも行く友人。星の存在があったからプロ野球が近づいたのは間違いありません。早くプロでも対戦したいです!」と話していました。迎えた2017年6月16日、神宮球場でのプロ初対戦。空振り三振とセカンドゴロ、星投手に軍配が上がりました。試合後「意識した」と話した両選手。18.44mの空間で、次回対戦までの成長をお互いに誓ったことでしょう。数年後、各チームの主力となった2人が日本一をかけた大舞台で名勝負を繰り広げる姿が今から楽しみです。

神谷 誠のバックナンバー

2017年 (6件)

2016年 (12件)

2015年 (18件)