アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

冬眠から覚めた愛車

顔写真
木戸 聡彦 プロフィールへ
半年ぶりに車を動かした・・・
関西出身の私は、雪道での運転経験が無く、雪が降ってから怖くて一度も運転することが出来なかった。約半年放置された車は・・・まずエンジンがかからない。鍵を回してもキュルキュルいうだけで、エンジンがかかる気配すらない。そして、埃や砂がびっしりついて、全体が茶色に包まれている。指でなぞると、モリモリ埃がこびりつくくらいだ。
まず、保険会社に連絡しエンジンをかけてもらい、丁寧に色々と教えていただくと、バッテリーが劣化していることが判明。すぐに車用品店で新しいバッテリーに交換してもらいました。これでエンジンは軽快にかかるようになった。
さてここからが、車の汚れとの勝負だ。バッテリーの交換などに時間がかかり、時刻は夜の9時・・・ガソリンスタンドの洗車はほとんどが営業を終了していた。しかし、何としても今日中に車を綺麗にしたいと思い、色々探してみると、中央区内に24時間営業の洗車場を発見。早速行ってみると、予想した洗車場とは少し違った。私は、車を止めたままクルクル回るモップが勝手に洗車してくれるものを想像していたが、そこにはコインを入れる機械とホースの長いシャワーのような物がついているだけ・・・人生初の洗車にしては少し難易度が高いように感じたが、説明を読んで恐る恐る洗車をスタート!
最初はシャワーの強さに戸惑いなかなか制御できなかったが、少しずつ慣れ、高圧の水や洗剤で、見る見るうちに車が白くなるのが快感になってきた。
また、ドラマの青春シーンや清涼飲料水のCMでよくある、ホースを使って水をかけ合って楽しむシーンを思い出し、夏っぽいメロディーを口ずさみながら踊るように洗車をした。10分の洗車時間を大いに楽しみ、全自動の洗車場じゃなくて良かったと思うほどだった。ただ、少し踊り過ぎたのか、車はピカピカになったが、ズボンはビショビショになっていた。