アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

版画の世界

顔写真
木村 洋二 プロフィールへ
丸刀に三角刀 平刀に切り出し刀など、上手く使い分けることが出来ませんでした、こどもの頃から不器用ですから。彫刻刀が怖くて使えなかったんです。苦手でした、版画。版画にすると左右が逆になるから注意しろよって言われても よくわからなかったんです、こどもの頃から馬鹿ですから。出来上がった作品には見事な腕が3本あったりするんですよ。
この『版画』。板の声を聞いて渾身を込めて彫る版画ゆえに板の画『板画』と称した芸術家がいます、棟方志功です。

「世界のムナカタ」その作品の数々に触れることができる 棟方志功展「わだば、ゴッホになる。」が北海道立近代美術館で開かれています。そして、この展覧会のナビゲーターがヤマザキマリさんです。あの「テルマエ・ロマエ」の大ヒットで大金持ちになった(はずの)漫画家さんです。以前、北海道は ここ札幌テレビでお送りしている「どさんこワイド」というテレビ番組のレポーターさんでした。その見事な食べっぷり、潔い温泉への入浴、竹を割ったような性格。スタッフ誰からも愛されていました。親しみを込めて「おっさん」って呼んでましたけど、陰で・・・

そして そして 私、木村洋二も「知られざる棟方志功」と題して会場入口で声のご案内をさせていただいております。

力強さと優しさの世界をぜひお楽しみください。