アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

世界一へ

顔写真
工藤 聖太 プロフィールへ
3月7日から4年に一度の野球の世界大会WBCが開幕する。連日侍ジャパンの話題でスポーツ紙を賑わせている。日本は1、2回大会で世界一連覇を達成。2006年、初開催となったWBCの準決勝で代打・福留選手がHRを打った瞬間は忘れられない。そして2009年。韓国との決勝戦でイチロー選手が放ったセンター前ヒットは多くのファンの心に刻まれているはずだ。
今大会、侍ジャパンは世界一奪還へ挑む。その4番を任されているのは横浜DeNAの筒香嘉智選手。実は私の高校時代の後輩にあたる。そんな彼をこの場を借りて少し紹介したい。
室内練習場の打撃練習で彼と初めて会った。大人しそうな顔立ちだったが、打席に入ると豹変。打球音や打球の速さが中学生とは思えないものだった。それを見た指導者が筒香選手を即獲得。入学早々の春の大会から1年生4番に抜擢された。当時の東海大相模・菅野投手(巨人)から勝ち越しタイムリースリーベースヒットを放ち、堂々のデビューを果たした。
その後自分たちの世代で夏の甲子園に出場した時、県大会での成績が振るわず、7番で初戦を迎えた。その初戦、甲子園初打席で本塁打を放ち、復調。2回戦から4番に座り、全5試合で3本の本塁打を放った。とにかく長打力に秀でていて、グラウンドのライトフェンスの奥に「筒香ネット」と呼ばれる新たなネットが取り付けられた。それぐらい高校時代から打球を飛ばしていた。
日本代表でも持ち前の長打で日本を勝利に導いてくれるはずだ。さらに彼は野球人気の低迷を心配し、「プレーで野球の素晴らしさを伝えて、子供たちの野球離れを食い止めたい」と再び野球界を盛り上げるためにそんな思いを持って世界に挑む。
3月7日、初戦は強敵・キューバ。その試合の模様はSTVラジオでも実況生中継する予定だ。世界一奪還へ、頑張れ筒香!

工藤 聖太のバックナンバー

2017年 (3件)

2016年 (18件)

2015年 (21件)