アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

守りたい!

顔写真
急式 裕美 プロフィールへ
地震が起きた日の朝、我が家の愛犬は定位置ではなく、なぜかトイレの上に座り込んでいました。今まで一度も見せたことがない行動に、私も戸惑いを隠せず・・・。
  • 画像
普段から雷も苦手な臆病者の愛犬。地震の後、真っ暗闇の中を私の後を付いて回り、離れませんでした。残して家を出るのは、本当に後ろ髪を引かれる思いでした。
震災から数日後、近所のコンビニエンスストアに「猫預かっています」の張り紙を見ました。大きな揺れに驚いて家を飛び出したと見られる猫が保護されている、との知らせでした。
また被災地では、避難所に連れて行けないペットを無償で預かる取組みや、フードの支援も行われていると聞きます。
言葉を話せない小さな命にも、救いの手が差し伸べられていることにホッとすると共に、自分自身も今回、いざという時の備えとして、手薄だった点、見落としていた点が様々明らかになりました。命を預かるということは、こうした時のことまで考えて準備しておくことなのだと思い知らされました。

今も不自由な生活を強いられている皆さんが、一日も早く安心して眠れる日がやってきますように。
北海道が一丸となって、前を向いて進めますように。
今、できることをひとつひとつ積み重ねていきましょう。