アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

未来は今ここにある。

顔写真
宮永 真幸 プロフィールへ
オリンピックの熱気も覚めやらぬ中、平昌パラリンピックがはじまった。オリンピックで現地を取材したときに心配だったのがバリアフリーの問題。冬のスポーツは自然環境の中で行われるものが多い。とくにスキー競技は会場が山にあり、私でも坂道の上り下りは苦労したほどだ。入場ゲートやセキュリティチェックポイントも足場がおぼつかないところも多かった。観客の立場からもやさしいパラリンピックになることを願いたい。札幌市が誘致に乗り出している2026年大会でもパラリンピックこそが、新しい時代の価値をつくるカギになるだろう。
障害者の方から「私たちはあなた達の未来を今生きているんですよ」という話をきいたことがある。私は普通に歩ける、目も見える、耳も聴こえる。しかし歳をとったり、何かのアクシデントで不自由になるときがくる。その未来を生きてくれているのが、障害者だというのだ。高齢化の進む20年、30年先にあるべき社会の姿をケーススタディしてくれている。あるいは障害に限らず様々な困難に直面している人、それを乗り越えようとしている人は、私たちの未来を今生きているのかもしれない。
その生き方としての最高のパフォーマンスをアスリートとして見せてくれるのがパラリンピアン達だ。もちろん北海道ゆかりの選手も参戦している。パラリンピックは未来に目を向け、耳を傾けるチャンスだ。