アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

一念発起して

顔写真
西尾 優希 プロフィールへ
寒い日が続いておりましたので、あったかいものの話を書きます!
昨年末のことになりますが、1か月ほど「あること」を続けていたんです。
「編み物」です。

きっかけはオハヨー!ほっかいどうのOAでした。
「意中の彼へのプレゼントに、手編みのものを渡したことがあるか」という話になったのですが、渡したことがないばかりか、編み物をしたことのない私。
時間をかけて誰かのために編むなんて、手先が器用な人はすごいなぁ、なんて思っていました。

すると和久井さんから「今からでも遅くないんじゃない?」とのお言葉が。
そうです。きっと遅くないはずです。
それならば、「思い立ったが吉日」だと、意気揚々と手芸屋さんへ向かいました。

渡す相手は、もちろん。和久井さんです。

毛糸も、太さや色が様々ですが、和久井さんにはどんなものがお似合いになるかなぁとあれこれ手に取り考えながら選びます。
やっと道具が揃ったところで、「鉄は熱いうちに打て」。さっそく編み始めます。

見慣れない図面を見ただけでは分からず、母に電話!電話越しに手ほどきを受けます。
「そーそー、そこがこうなって~」
「こっちの糸はこっちから出して…」(実はスマホでテレビ電話していました(^_^;))
母と会話をするのもなんだか楽しくて、気づいたら編み物に熱中していました。

始めはこんなに小さかったのですが…

  • 画像
「和久井さん喜んでくださるかな~」「和久井さんのサイズはどのくらいかな~」
なんて考えながら、編み進めること2か月。
  • 画像
腹巻が編みあがりました!

お世辞にも上手とは言えない出来ですが、初めて編んだ腹巻。
クリスマスプレゼントとしてお渡ししました。
  • 画像
和久井さん、なんとその場でつけてくださいました!
こんなに喜んで頂けるとは思っていなかったので、私も嬉しさでいっぱいです。

「手編みは愛情がこもっている」とよく言いますが、きっとそれは、編んでいる間ずっと渡す相手のことを考えるから、なんですね。
次はマフラーに挑戦です。

西尾 優希のバックナンバー