アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

#9110

顔写真
小笠原 舞子 プロフィールへ
みなさんはこの数字が何かわかりますか?
なかなか聞き馴染みのない「シャープ・キュー・イチ・イチ・マル」。

この番号、警察につながるんです。
みなさんは何か困りごとがあったとき、道路で困っている人を見かけたとき
110番に電話をかけるほどではないかなぁ・・・と受話器を置いた経験、ありませんか?

犯罪や事故の発生には至ってないけれど、ストーカーやDV・悪質商法・近隣や職場でのトラブルなど、普段の生活の安全や平穏に関わる様々な悩みごとや困りごとを抱えたとき。
そのようなときに使うのが、警察相談専用電話#9110です。

全国どこからでも、その地域を管轄する警察本部などの相談窓口につながります。

なぜ私が今、この番号を勧めているのか。
その理由は110番の件数です。道内では1日に1000件以上の110番がかかってきます。
この数字だけでも驚きですが、この数の2割以上はいたずら電話や単なるお問い合わせなど、緊急に警察の方が出動する必要性のないものがあるのが現状です。
天気が大荒れになるらしいが、道路事情はどうか。
落し物の届出。免許証交付など、こうした適切でない110番通報が増えると
緊急の事件・自己処理が後回しになって、本当に困っている人の所へ行くのが遅れてしまい、最悪の場合、人命にかかわる事態に発展することもあります。

そして理由のもう一つが、1月10日110番の日に実は1日警察官となったからなんです。
1日だけ、手稲警察署の地域課長としてマスコットキャラクターのていぬくんとともに
道警のふれあいコンサートに参加させて頂きました。
  • 画像
その中で上記のことをお話しさせて頂いたのです。
私自身、このお仕事を頂くまでは「#9110」知りませんでした。
かける側としても、これ本当に事故かなぁ事件かなぁとわからず、警察の方を呼ぶのをためらう場面がるかもしれません。
そんな時こそ#9110

110番の日を迎え、改めて知っておきたいもう一つの番号。
それが#9110です。
  • 画像