アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

北海道らしいこと

顔写真
小笠原 舞子 プロフィールへ
大学時代の友人が遊びに来た。夏になると毎年、何組かの友人が“北海道の夏”を味わいにやって来る。今年もハイシーズンの突入だ。もっぱら私の家は宿代わりである。

おもてなしには、自信がある。
入社1年目の頃は、「友人が遊びに来るんですけど、何かおすすめはありますか…」とアナウンス部の諸先輩方に助けてもらっていたが、今はもう4年目。
どこに連れていこうかと頭を悩ます時間も年々短くなってきているのが実感できる。
友人らのリクエストは決まって“北海道らしいこと”がしたい!と、なんとも漠然としている。毎回、答え続ける私の身にもなってほしい。

海鮮ならここ、ジンギスカンならここ、この場所に行くにはレンタカー借りた方がいいよ。
7月のこの時期なら、ここの景色が素晴らしいから絶対に行った方がいいよ。
メールでのアドバイスも板についてきた。
ただ今回に限ってはちょっとした問題があった。
それは、お天気だ。連れて行ってあげたい場所、見せたい景色がたくさんあるのに、大雨の予報。となると景観勝負の場所は厳しそうだ。せっかく来てくれるのだから、北海道は最高だった、また来たい!と思って帰ってほしいのである。考えあぐねた末、札幌近郊の牧場に連れて行くことにした。
乳搾り体験、子牛へのエサやり体験、バター作り。
  • 画像
乳搾りをする友人の後ろ姿は真剣そのもの。
私もミルクを子牛にあげるのは初めてだ。
吸う力が予想外に強く翻弄されてしまっている。
  • 画像
  • 画像
牧場にいる動物たちを見て大興奮の彼女たちを見てほっと一安心する。
今回も無事ツアーコンダクターの任務は果たせただろうか…。
いつも友人たちには、「全力でおもてなしするから、北海道に来て!」と話している。
その言葉で、本州からはるばる来てくれる友人には感謝しかない。

そして、この日誌を見てくださっている皆さんにも伝えたいことがある。
「全力でおもてなししますので、今週末のどさんこみらいフェス、
27日金曜日と28日土曜日は、
岩見沢の北海道グリーンランドにお越しください!」