アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

一度聞いてもわからない、二度聞いたらわすれない

顔写真
大慈弥 レイ プロフィールへ
新人アナウンサー4人のアンカーとなりました、大慈弥レイ(おおじみれい)と申します。

今回は私の名前を覚えていただきたく、まずは自己紹介致します。
苗字の「大慈弥」は珍しく、なかなか一度では読んでもらえません。新学期の点呼では必ず「おおじや」と呼ばれ、電話で名前を伝える時は漢字を説明するのに一苦労です。私は幼稚園児の頃から、「大きいの『大』に慈愛の『慈』、弥勒菩薩の『弥』です」という説明を、意味も分からずに唱えていました。

字を見るととても仏教的ですが、私が育ったのは関東のごく普通の家庭です。
大慈弥という姓は大分県宇佐市にルーツがあり、武家に源流があると言われています。

難しい苗字とは対照的に、下の名前はカタカナで「レイ」です。
カタカナで命名した理由には様々な想いが込められているそうですが、由来の一つに数字の「0」があります。
全ての始まりであり、無限の可能性を持つ「0」。
今の私にとってこの「0」は特別な意味を持ちます。

この春北海道という新たな地でゼロからのスタートを切り、アナウンサーとしての第一歩を踏み出しました。
まだ前に進むだけで精一杯の私ですが、名前の通り自らの可能性を信じて、初心を忘れず精進する所存です。

一度聞くだけでは分かりづらい私の名前ですが、これから少しずつ北海道の皆様に覚えていただけたら幸いです。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。