アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

マラニック!?

顔写真
内山 佳子 プロフィールへ
最初にこの言葉を聞いたのは去年の春。何のことか全くわからなかった。
なんでもそれは「マラソン」と「ピクニック」が融合したニュージーランド発祥の
新しいスポーツ。滝川市江部乙町で菜の花の季節に開かれる大会は、野山の景色を楽しむのはもちろん、コース上の休憩所では食べ物や飲み物も配られるらしい。なるほど、なかなか魅力的だ。しかし体力にあまり自信がない。でもちょっと気になるスポーツだなぁ、とぼんやり思っているうちに1年が経ち、今年の大会のパンフレットを改めて見た。「タイムや順位は競わず、自分のペースでゆっくりと」とある。・・・走らなくてもいいらしい!
決意した私は先日娘と「第2回えべおつ丘陵マラニック」に参加した。9キロの距離、
高低差約96mの「ちょこっと丘陵コース」にエントリー。それでも及び腰の私に対し
小2の元気娘は「ママのこと引っ張ってあげるからさ〜!」と早くもドヤ顔。
大会は大盛況。500人を超える参加者と丸加高原をスタートした。
新緑の木立を抜けるとのどかな田園風景。あれに見えるは残雪の暑寒別岳。これに広がるは
一面のたんぽぽ野原と菜の花畑。幸せの黄色の共演だ。そして幸せはお腹にもやって来る。
コース中3箇所ある休憩所では地元りんごの濃厚ジュースや、やはり地元りんごの入ったグラノーラ(シリアル食品の一種)など美味しい物が手渡される。次の休憩所が見えてくるのを楽しみに歩みを進めたが、ラスト1キロの丘上りは向かい風もあってキツかった。威勢のよかった娘もフニフニ弱音を吐き始めたので、結局娘の手を引っ張ってなんとかゴール!!初めて味わう母娘一緒の達成感と安堵感。同時にものすごく空腹なことに気がついた。ゴール直後に渡された「ジンギスカン引き換え券」を手に、大きな鉄板の前に並ぶ。アツアツで柔らかい味付きジンギスカンにシャキシャキの甘い玉ねぎ!!至福の瞬間が訪れた。娘も「これを食べるために9キロ歩いたんだよ!このお肉はさっき見た羊?」と丸加高原に放牧された羊ちゃん達を思いだしながら容赦なくバクバク頬張っている。(同じ羊ではありません、念のため)
おまけに娘から「ママ、結構頑張ったね!」とかなり上から目線ではあるが褒めてもらい、なんとか「母の威厳?」も保てた充実の休日となった。「マラニック」楽しいぞ!!