アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

楽しさ倍増!!

顔写真
内山 佳子 プロフィールへ
「あー、その席だったらファウルボールが飛んで来やすい場所だから、グローブを持っていったほうがいいよ」永井公彦アナにアドバイスを受け、私は自分のロッカーにしまっておいたオレンジ色のグローブを手に取った。23年前、深く考えずSTVの野球部に所属した時に買ったグローブだ。当然とんと使っていない。小3の娘は札幌ドームでのファイターズ観戦が大好き。理由はジュースやアイスを買ってもらえるから。これまた親に似て深く考えていない。いつもは選手が小さく見える自由席の高い所からたこ焼きを食べながら応援しているのだが、今回は三塁側の内野席チケットを購入しドームへ。着席してびっくり!白井コーチの背中が近い!白井さんが「パン!」と手を叩く音まで聞こえてくる。「すごい!」ドキドキしながらの観戦が始まった。すると早速ファウルボールが飛んできた!「うわ〜っ!」慌ててグローブをはめた手を伸ばすがボールは目測よりずっと遠い所へ飛んでいった。前日アナウンス部で元甲子園球児の工藤聖太アナに教わったフライ捕球のコツを思い出す。「グローブをボールに向かって突き出すのではなく、ボールが落ちてくる所にグローブを構える」工藤アナはサラリと言っていたが、難しいぞ!こちらは「なんちゃって元野球部員」だ。ファウルボールが飛んで来るたびに「キターッ」と身構え、娘に「ママ、うるさい」と言われる始末。結局一度もキャッチすることはなかったが、いつもの観戦よりかなりエキサイトした。グローブを着けている事で、気を抜くことなく積極的に応援した実感があった。後日、野球解説をして下さっている稲田直人さんにお会いしたのでこの話をすると驚いた表情で一言「危ないですよ!気をつけて下さいね!」そうだ、その通りだ。プロのボールだ。勢いがあるボールが当たったら大変なことになる。私はまたしても深く考えずグローブを持って浮かれていた。よし、今度はホームランボールが飛んできそうな外野席で観戦しよう!!頑張れ!ファイターズ!!
  • 画像