アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

学習発表会

顔写真
内山 佳子 プロフィールへ
シーズンだ。週末ごとに札幌市内のどこかの小学校で行われている。保育園時代のママ友と連絡を取る時は挨拶代わりに「学習発表会いつ?終わった?」となり、演劇に取り組む場合は「何の役をやるの?」と話が進む。うちの娘は「王様の耳はロバの耳」の劇中に出てくる「市民1」を演じた。なんだか地味な役だなぁ、と思った私がママ友にその話をすると「いいじゃん市民1なら、うちの子なんて村人11だよ」とだんだんよくわからない会話になる。もう一人のママ友は「うちの子、孫悟空をやるんだよね」と言うので「すごい!主役だね!」とエールを送ると「うん、でも孫悟空の分身なんだ、分身役はいっぱいいるの」とそれぞれママ達の胸中は複雑だ。後日私のスマホに孫悟空のママ友から本番当日の動画が送られて来た。たしかに分身役は8人でオレンジ色のビニールで作った衣装で揃って登場すると一瞬見分けが付かないのだが、ママ友の息子くんの姿は私も保育園時代6年間見てきたので、如意棒を振り回しているどの分身よりも元気な姿として目に飛び込んでくる。動画とともにメッセージが添えられていた。「こういう発表会はホント自分の子が一番に見えちゃう魔法がかかっているよね!」なんて素敵な言葉だろう。我が子をこんなに純粋に愛せるママ友をとても素敵だと思った。娘と言えば地味ながら市民1のセリフを大きな声できっちり演じていたが、それよりも前日に娘から渡されたメモに感心した。相変わらずしっかりしている。裏を返せば私が信用されていないのか。しっかりした私の分身が欲しい。
  • 画像