アナウンサー

アナウンサーブログ

Announcer Blog

ゲレンデの貴公子

顔写真
吉川 典雄 プロフィールへ
この冬が2シーズン目になります。昨シーズン初めて本気で挑戦したスキー。今までずっと避けてきたものでした。20年前に北海道に来てゲレンデに行った時の衝撃は大きいものでした。老若男女みんなが美しいシュプールを描いていて、へっぴり腰でスピードが出たら転ぶしか止まる手段がない大人は僕だけ。運動神経だけは自信があった僕にとっては、屈辱的なものでした。なので、僕もスキーはもう一生やらないものだろうと思ってました。ただ、幼稚園児の息子がスキー教室に通うことになり、送り迎え役に。教室が終わるまでずっとロッヂで待っている時に、「この時間、もったいないなあ」という感情と、「今後、家族で一緒にスキーをやる機会がないのはどうなんだろう」という感情から、一念発起し、昨シーズンにスキー板などを買いそろえて、チャレンジがスタートしました。
昨シーズンは7、8回滑り、何度も派手に転びました。正直、大の大人が雪まみれになっているのは恥ずかしいのですが、「悔しい、上手くなりたい」という気持ちが上回り、だんだんと楽しくなってきました。今シーズンも、先日早速行ったのですが、「ハの字」が少しずつ「リの字」になりつつあります。笑
そして何といっても、冬が来ることや雪が降ることが嫌ではなくなりました。特にこの冬の札幌は、積雪の時期が早くて、量も多いですが、「スキーには最高のコンディションだ」と思えてる自分に驚いています。
どんなことにもチャレンジすると、失敗することもあるけれど、新しく見えてくる世界もあるんだなあと実感しています。
今は、スピードが出ても全く怖がらない5歳の息子といい勝負ですが、一緒に上達していこうと思います。いつか美しいシュプールを描ける日を夢見て・・・。

吉川 典雄のバックナンバー