イベント

棟方志功展「わだば、ゴッホになる」

北海道初展示

禰舞多運行連々絵巻

  • 禰舞多運行連々絵巻
  • 禰舞多運行連々絵巻
  • 禰舞多運行連々絵巻
  • 禰舞多運行連々絵巻
  • 禰舞多運行連々絵巻
    禰舞多運行連々絵巻(ねぶたうんこうれんれんえまき)
    1974年 巻子2巻 棟方志功記念館蔵
  • 禰舞多運行連々絵巻
    禰舞多運行連々絵巻(ねぶたうんこうれんれんえまき)(部分)
    1974年 巻子2巻 棟方志功記念館蔵
青森のねぶた祭りを描いた全長17mにわたる倭画。
ねぶた運行の始まりから終わりまでを鮮やかな色彩でぎっしりと描き込み、祭りの賑わいを表現している。
人々の行列の中には「名誉市民」の提灯を持つ棟方の姿も!

捨身飼虎の柵

  • 捨身飼虎の柵
    捨身飼虎の柵(しゃしんしこのさく)
    板画 1974年 棟方志功記念館蔵
仏教説話を題材にした作品。展覧会に出品した板画作品としては、この作品が遺作となった。
釈迦が前世で摩訶薩た(土へんに垂)という王子であった頃、七匹の子を産んで育てている虎のために自らの身を差し出し、虎の親子を救ったという物語を描いている。