STV制作ドキュメンタリー 「まっすぐに智華子、夢へ 〜全盲の少女、18歳の軌跡〜」が教育コンテンツ国際コンクール「日本賞」で「ユニセフ賞」 受賞!

 ■番 組 名 :「まっすぐに智華子、夢へ 〜全盲の少女、18歳の軌跡」
■放 送 日 : 2013年4月27日(土)10:30〜11:25 ≪STV制作全国22局ネット≫
■担   当 : プロデューサー:山谷 博    ディレクター:水谷潤子
  • 画像
 世界の教育番組の質的向上を図るとともに国際的な理解と協力の増進に資することを目的とする教育番組国際コンクール「第40回 日本賞」(NHK主催)の授賞式が10月24日発表され、STV制作の「まっすぐに智華子、夢へ 〜全盲の少女、18歳の軌跡」が、コンテンツ部門特別賞である「ユニセフ賞」に選ばれました。
  • 写真
 <番組概要>
北海道・帯広市で生まれてまもなく未熟児網膜症で両目の光を失った小野智華子さん。彼女の水泳にかける思いを長期に渡って取材したドキュメンタリーで、パラリンピック出場の夢に向かって苦しい練習に耐え頑張る智華子さんと、彼女の夢を陰で支える厳しくも温かい両親の姿を通して、家族の絆と大切さを伝えた作品です。智華子さんと同じ北海道出身で人気グループEXILEのメンバーであるSHOKICHIさんが番組ナビゲーター、ナレーターを務め、智華子さん本人や家族へはもちろん、障がいを乗り越えて頑張るすべての人へのエールを込めた特別な歌も作っています。
今回の第40回「日本賞」では、57の国と地域、208機関より331作品がエントリーされ、コンテンツ部門「幼児向け(0〜6歳)」「児童向け(6〜12歳)」「青少年向け(12〜17歳)」「生涯教育(18歳以上)」「福祉教育(全年齢対象)」「イノベイティブ・メディア(年齢対象制限なし)」の6つのカテゴリーの中から、それぞれ最優秀賞1作品が選ばれ、その各カテゴリー最優秀作品の中から厳正な審査によりグランプリ日本賞を決定します。今回、惜しくも最優秀賞は逃しましたが、参加作品の中から『困難な状況下にある子どもの生活や境遇についての理解を促す優れた作品』として、コンテンツ部門特別賞「ユニセフ賞」を受賞しました。

日本の民間放送では、唯一の受賞となりました。