STVが2014年度視聴率3冠V7達成!「全日部門」23年連続トップ!

 2014年度(2014年3月31日〜2015年3月29日・52週平均)の札幌地区「年度視聴率」が確定しました。STVは「全日」「ゴールデン」「プライム」の3部門でトップとなり、7年連続で3冠を単独で達成しました。月間3冠も16か月連続となります。また「全日部門」は1992年以来、23年連続でトップとなり、全民放最長記録(日報地区)を更新しました。
  • 写真
 「全日」部門は、「どさんこワイド!!朝!(月-金5:00-6:30)」「ZIP!(月-金6:30-8:00)」「情報ライブミヤネ屋(月-金13:55-15:48)」「どさんこワイド179(月-金15:48-19:00)」の各レギュラー番組が好調に推移し、特に「ミヤネ屋」は前年同期比で平均0.8%増、「どさんこワイド179・第2部」は平均1.0%増、「どさんこワイド179・第3部」は平均1.4%増、「同・4部」は平均1.9%増と、前年度を大きく上回ったことなどが、首位を支えた要因として挙げられます。  
「ゴールデン」「プライム」部門では、「有吉ゼミ(月19:00-19:56)」「世界まる見え!テレビ特捜部(月19:56-20:54)」「ザ!世界仰天ニュース(水21:00-21:54)」「ザ!鉄腕!DASH!!(日19:00-19:58)」「世界の果てまでイッテQ!(日19:58-20:54)」「行列のできる法律相談所(日21:00-21:54)」の6番組が平均視聴率で15%を超えるなどレギュラー番組が堅調だったこと。また、昨春から新番組として再スタートした「熱烈!ホットサンド!」(日22:30-22:56→4/4〜土23:30-23:55へ枠移行)も昨年同期を1.0%上回ったことなども視聴率獲得に繋がりました。加えて、「みる・みる・みらい」をキャッチフレーズに北海道の元気や魅力を発信するキャンペーンの実施や、データ放送を活用してテレビにポイントが貯まる視聴者プレゼント企画なども、視聴者に見て頂くきっかけを作ったと考えています。
  • 写真