2017年度「上半期」視聴率、STVが10年連続3冠達成!

視聴者の皆様、有難うございました!!今年度もSTVをよろしくお願いします!

2017年度(2017年4月3日〜2017年10月1日・26週平均)の札幌地区「年度上半期平均視聴率」が確定しました(視聴率はビデオリサーチ調べ)。STVは「全日」「ゴールデン」「プライム」の3部門で単独トップとなり、10年連続で上半期3冠を達成しました。また、月間3冠も22か月連続で継続中です。

「全日」部門は、自社制作ワイド番組「どさんこワイド!!朝!(月-金5:00-6:30)」、「どさんこワイド179(月-金15:48-19:00)」が堅調に推移、北海道の皆様に親しんでいただいた結果、今期も同時間帯トップの番組となりました。両番組では、北海道の市町村を巡り、地元の皆様と触れ合う「キャラバン」を実施したほか、台風情報や地域の災害、復興にも真摯に向き合ってお伝えしてきました。引き続き、皆様の信頼に応えられる番組作りに励んでまいります。
「ゴールデン」「プライム」部門では、人気のレギュラー番組がこの上半期も好調でした。「世界まる見え!テレビ特捜部(月 20:00-21:00)」、「天才!志村どうぶつ園(土19:00-19:56)」、「ザ!鉄腕!DASH!!(日19:00-19:58)」、「世界の果てまでイッテQ!(日19:58-20:54)」、「行列のできる法律相談所(日21:00-21:54)」の5番組が平均視聴率で15%を超え、特に「世界の果てまでイッテQ!」は期間平均で20.6%と脅威的な視聴率をマークしました。また8月に放送した「24時間テレビ40」が番組平均20.3%と札幌地区歴代最高タイを記録したことも、各部門の視聴率を押し上げる要因の一つとなりました。

さらに23試合を編成したプロ野球・北海道日本ハムファイターズ戦は、STVで放送した全試合平均で16.4%を記録、ナイター中継の平均は18.7%をマークし、平均視聴率の押し上げに貢献しました。データ放送をやアプリを活用して視聴者プレゼント企画を実施したことなども、視聴者の皆様にご覧頂くきっかけを作ったと考えています。

視聴者の皆様、今後共STVを何卒宜しくお願いします。