STVどさんこ動画

冬休み特別企画・子供と一緒にもう一品〜すき焼き風牛丼

2019年1月14日(月)

冬休み特別企画・子供と一緒にもう一品〜すき焼き風牛丼

  • 冬休み特別企画・子供と一緒にもう一品
今週5日間は冬休み特別企画「子供と一緒にもう一品」と題し、
「星澤先生とお料理をしてみたい!」というお子さんと一緒にお送りします。
今回は、道東・湧別町から来てくれた林剛生くん(小6)と一緒に
「すき焼き風牛丼」を作りました。

▼動画

▼材料(2人分)

  • 材料
牛もも薄切り肉150g、玉ネギ1個、白滝1袋、生シイタケ2枚
卵黄2個、ご飯2膳
調味料…しょうゆ大さじ3杯、てんさい糖、酒各大さじ2杯
水大さじ2杯

▼つくりかた

(1)牛肉は一口大に切り、玉ネギは半分にしてから、5mm幅の半月切り、生シイタケもさっとすすいでから5mm幅に、白滝は水を切って伸ばし7〜8cmに切ります。準備が整ったら鍋に湯を沸かして、牛肉をさっと湯通しします。
(2)鍋に分量の水と調味料を入れて、玉ネギ、白滝、牛肉、シイタケを順に入れて中火で煮込み、味を染ませます。
(3)器にご飯を盛り、具をのせ、真ん中に卵黄をのせて頂きます。

▼できあがり

  • できあがり
牛丼は、江戸時代から食べられて来た牛鍋が変化したもの、と思われます。地方から出稼ぎで若い男の人が多く、食べ易い丼料理が繁盛したようです。現在食べられている料理の多くは、すでに江戸時代に食べられていました。一度覚えると、様々な材料で自分独自の物も作れます。
1人分 594kcal 塩分4.1g