ニュース

NEWS

道内ニュース

イモと間違える 毒草の球根食べ女性死亡

自宅の敷地内に生えていた有毒植物の「イヌサフラン」の球根を、イモと間違えて食べた80代の女性が、死亡していたことがわかりました。
死亡したのは、帯広保健所管内に住む80代の女性です。女性は今月12日、自宅の庭に生えていた有毒植物のイヌサフランの球根をイモと間違って食べ、下痢やおう吐などを繰り返しました。女性は病院で治療を受けていましたが、容体が悪化し、今月14日に死亡しました。イヌサフランは、葉がギョウジャニンニクに、根の部分は球根状で、ジャガイモやタマネギに似ており、帯広保健所は、有毒性が判断できない野草は口にしないよう注意を呼びかけています。

7/23(月)「どさんこワイド179」

空路墓参団 中標津に戻る

去年に続いて2度目となる、航空機を利用した北方領土へ墓参りする一団が、中標津空港に戻りました。
元島民ら70人の墓参団は、きょう、チャーター機で中標津空港に戻りました。
(国後島出身・山木秀夫さん)「一泊したらゆっくりできた。疲れないですよ」
参加した元島民らは、国後島と択捉島にある墓地、合わせて3か所を訪れました。今回は、高齢化した元島民の負担を軽くするため、宿泊施設に一泊する行程となりましたが、きのうは、国後島の濃霧のため出発が1時間遅れ、また入域手続きの際、墓参団関係者の衛星電話が没収されるなどして、最大で3時間遅れました。元島民からは、今後、国後島と択捉島へそれぞれ直行便を使っての空路墓参を検討してほしいという声があがりました。

7/23(月)「どさんこワイド179」

車が駐車場から転落 男性が死亡

けさ、登別温泉にある病院の駐車場から乗用車が転落し、乗っていた78歳の男性が死亡しました。
乗用車が歩道上で横転して大きくへこんでいます。この乗用車は午前9時ごろ、登別病院の駐車場から、フェンスを突き破りおよそ5メートル下の歩道に転落しました。この事故で、乗用車を運転していた白老町の村岡實さん(78)が病院に運ばれましたが、間もなく死亡しました。同乗していた村岡さんの妻も、病院で手当てを受けています。警察によりますと、村岡さんは妻の通院のために病院に来ていて、駐車場に到着した直後に前から突っ込む形で転落したということです。警察で、事故当時の状況を詳しく調べています。

7/23(月)「STVストレイトニュース」

トレーラーと乗用車衝突 男性を搬送

オホーツクの雄武町で、けさ、乗用車が大型トレーラーと衝突し、乗用車の男性が骨折などの疑いで病院に搬送されています。
前方部分が大きく壊れた乗用車。衝突の激しさがうかがえます。事故があったのは雄武町上沢木の国道238号です。午前5時半すぎ、雄武町の中心部方向へ走っていた乗用車が、反対から来た大型トレーラーと衝突しました。この事故で、乗用車を運転していた男性が右足を骨折した疑いで現在病院で手当てを受けています。現場は、片側1車線のゆるやかなカーブで、警察では、トレーラーを運転していた60代の男性などから話を聞き事故の原因を詳しく調べています。

7/23(月)「STVストレイトニュース」

三笠高校 高校生レストランオープン

三笠高校の生徒が運営する「高校生レストラン」が、きょうオープンし、大勢の客でにぎわいました。
三笠高校のレストラン「みかさクッキングエソール」は、道内で初めてできた高校生が運営するレストランです。きょうは整理券が配布されましたが、調理部の生徒が作る料理240食、製菓部のテイクアウトのケーキ120個すべてが完売となる盛況ぶりでした。
(客)「とてもおいしい。ここからすばらしい料理人が出れば」
また、地元・三笠市の企業と三笠高校生が共同開発した商品などを販売するスペースもあり、市外からも多くの客が訪れていました。

7/22(日)「真相報道バンキシャ!」

去年に続き2度目 航空機での北方墓参出発

去年に続き2度目となる、航空機を利用した北方領土へ墓参りする一団が、けさ中標津空港を出発しました。元島民らは、先ほど最初の訪問地の国後島に到着したということです。
今回の墓参りには、北方領土の元島民や2世など、およそ70人が参加し、国後島と択捉島の墓地合わせて3か所を訪れる予定です。
(元島民)「島がどれだけ開発されているか(確認したい)。(国後島は)生まれた島ですから、ふるさとですので」
けさは、国後島の空港に霧がかかっていたため、飛行機が1時間遅れとなり、出発式を取りやめました。日帰りを計画していた去年は、戻る際の国後島が悪天候で、急きょサハリンなどに1泊しています。今回は高齢化する元島民の負担を軽くすることや、経験を踏まえ、現地のホテルなどに1泊する計画になっていて、一行は、あす昼ごろ中標津空港に戻る予定です。

7/22(日)「STVストレイトニュース」

男性殴られ死亡 事件前日に隣人トラブル

美唄市の路上で昨夜、男性が鈍器のようなもので殴られ死亡した事件で、逮捕された男と男性は隣同士の部屋に住んでいて、事件前日に2人の間でトラブルが起きていたことがわかりました。
この事件は、きのう午後9時過ぎ、美唄市東5条北3丁目で大学和行容疑者(44)が、自宅アパートの前で、隣に住む若沢知已さん(53)を鈍器のようなもので殴り、殺害しようとしたものです。若沢さんは、その後、死亡しました。
(近所の人)「ハンマーで殴る音が聞こえて、「助けてください」と5分くらい叫んでいた。男性の声が聞こえなくなっても殴る音が響いていた」
警察によりますと、若沢さんは事件の前日「大学容疑者の部屋がうるさいため、注意したところ逆上された」と、警察に相談していました。また、去年12月にも雪下ろしを巡るトラブルがあったということです。警察は、容疑を殺人に切り替えて調べを進める方針です。

7/21(土)「news every.サタデー」

台風被災の森林公園 全面オープン

2年前、道内に相次いで上陸した台風により、遊具などが使えなくなっていた遠軽町の森林公園が復旧工事を終え、きょう全面オープンしました。
遠軽町の「丸瀬布森林公園いこいの森」は、2016年の台風により園内を流れる川が氾濫。この影響で遊具が使えなくなり、およそ3億6千万円の工事費をかけて、復旧が進められていました。およそ2年ぶりの全面オープンを迎えたきょうは、多くの親子連れが訪れ、整備が完了したゴーカートのほか、新たに設けられた、飛び跳ねて遊ぶ遊具「ふわふわドーム」に子どもたちが集まり、歓声が上がっていました。

7/21(土)「news every.サタデー」

夕張メロンをチャリティー販売

来月放送される24時間テレビに協賛して、札幌では夕張メロンのチャリティー販売が実施されました。
夕張メロンがチャリティー販売されたのは、札幌市中央区にあるSTV本社前です。JA夕張市と夕張メロン組合の協力で、2玉2000円で提供されました。今年も大勢の人が詰めかけ、販売開始から15分ほどで売り切れる大盛況となりました。このメロンの売り上げは、全額来月放送される24時間テレビで寄付されるということです。

7/21(土)「news every.サタデー」

路上で殴られ死亡 男を逮捕

美唄市の路上で昨夜、男性を鈍器のようなもので殴り死亡させたとして、男が殺人未遂の容疑で逮捕されました。
逮捕されたのは美唄市の大学和行容疑者(44)です。大学容疑者はきのう午後9時過ぎ、美唄市東5条北3丁目の自宅前で、男性を鈍器のようなもので殴り殺害しようとした疑いが持たれています。男性は顔から血を流し、意識不明の状態で病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。
(近所の人)「ハンマーで殴る音が聞こえて、「助けてください」と5分くらい叫んでいた。男性の声が聞こえなくなっても殴る音が響いていた」
大学容疑者は「やられる前にやった。殺すつもりはなかった」などと供述し、殺意を否認しているということです。警察は容疑を殺人に切り替え、男性の身元の確認や事件の経緯について調べています。

7/21(土)「STVストレイトニュース」

パークゴルフで健康増進

毎年恒例のSTV杯ツルハパークゴルフ健康大会が石狩市で開かれ、多くの親子連れなどがプレーを楽しみました。
いしかりパークゴルフ場で開かれた大会は、順位を競うのではなく、健康増進と参加者同士の親睦を深めることが目的です。抽選で選ばれた98組196人が、午前9時から緑豊かなコースで夏の休日を満喫していました。

7/21(土)「STVストレイトニュース」