アイヌ語ラジオ講座

イランカラプテ!一緒に学びましょう!!

アイヌ語は、アイヌの人たちが話してきた独自の言語です。今でも、私たちが普段アイヌ語を身近に触れているものとして、「地名」があります。アイヌ語が由来とされる地名は、北海道をはじめ、サハリンや千島列島、それに東北地方にも数多く残されています。アイヌ語は地名の他にも、「エトピリカ」「ラッコ」「トナカイ」など、アイヌ語として意識されずに使われている言葉が多くあります。

現在では、アイヌ語の話者は減少するとともに、アイヌ語を日常会話の言語として使われることが、ほとんどなくなってきました。それでも祖先から伝えられてきた言葉を残していこうと、さまざまな活動が地域において行われています。

この「アイヌ語ラジオ講座」は、1987年(昭和62年)10月18日から、アイヌ民族出身のアイヌ文化研究者であり、元参議院議員であった萱野茂さんを初代講師にお迎えして、初心者向けのやさしいアイヌ語の講座として、放送が始まりました。そして1998年(平成10年)4月12日からはアイヌ民族文化財団が監修し、多くの方々がアイヌ語にふれるきっかけとして、また、初級のアイヌ語を学習する機会として、さまざまな講師をお招きして、開講しています。

2008年(平成20年)4月からは、テキストをPDF、音声をMP3の高音質ポッドキャストとして、ダウンロード可能となりました。テキストをダウンロートして印刷したり、音声をパソコン、スマートフォンや携帯プレーヤーに保存して持ち歩くことも自由にできます。

2018年(平成30年)は、4月からの1年間にわたって、講師に平取町二風谷出身の関根摩耶さん、支援研究者 関根健司さん(摩耶さんの父親)をお迎えして、アイヌ語の「沙流方言」を学んでいます。

さあ、私たちと一緒に、アイヌ語の世界をのぞいてみませんか。
  • 3人でお送りしています
    左から、関根健司(支援研究者で、摩耶の父)関根摩耶(講師で、アイヌ民族の大学生)渋谷もなみ(アシスタント)※放送では、摩耶さんが健司さんのことを「ミチ」(アイヌ語で、お父さんの意味)「クミチ」(私のお父さん)と呼びかけることが多いです。
  • チプサンケ 川下り中
    2018年8月19日(日)平取町二風谷 沙流川で、アイヌの伝統的なおまつり「チプサンケ」を取材し、丸木舟で川下り体験をしてきました!※この模様は8月26日(日)レッスン22「チプサンケがあるので二風谷に行きましょう!」の中でお伝えします。

ポッドキャストで番組を聴く


本放送日に配信しています。
STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」