情報アライブ

3月22日(水)の番組

2017年3月22日(水)

《3月22日(水)の番組》

番組では毎週去年の台風・大雨で被害のあった南富良野町の話題を紹介しています。
今日もいつもお話を伺っている南富良野町まちづくり観光協会の小林さんとお電話つなぎ。

今朝、南富良野町でも5センチ程雪が降ったそうです。
農家さんたちも春に向けて融雪剤を巻いたり、ビニールハウスを立て直したり、また春から頑張ろうと作業をされている最中だそうです。
河川の方でも雪解けの前に、川の中の土砂を掻き出す作業が毎日ひっきりなしに行われているようです。

引き続き、30日まで南富良野町では、地域おこし協力隊として一緒に働いてくれる人を募集しています。
詳しくは南富良野町のHPをご覧下さい。

《今日のいっぷくソング》

深川市:RN すずりんこからのリクエスト

日曜日には、物置きから自転車を出しました。
雪解けも進んで、次に待ち遠しいのは外に洗濯物を干せるようになる時期です。
その前に残雪の間からクロッカスが顔を出すかもしれませんね。
とメッセージとともにリクエストを頂きました。

M「 僕はここにいる 」( 山崎まさよし )

みなさんからも、お仕事の合間に聞きたい、家事のいっぷくに、車の中で聞きたい「いっぷくソング」へのリクエストお待ちしています。

《エブリディファイターズ》

道内のファイターズファンとつなぐ「エブリディファイターズ」!

今日は、12/28以来4度目の登場!
最北の後援会「ファイターズ利尻富士町後援会」と繋ぎます。
利尻富士町で60年続くクリーニング店「ファッションドライ オガタ」の代表であり、後援会会長の尾形仁将さんにお話を伺いました。

冬はスキーのインストラクターもやっている尾形さん!
小学生と触れ合いこの冬も日々感動だらけだったそうです。
「また来年会うのが楽しみだけど引退も考えてる」とおっしゃっていました。

先日、札幌ドームでのオープン戦には足を運ばれ、その後後援会の皆さんとも交流されたそうです。

《宵の口リクエスト》

 4時台には、午後のひととき、いっぷくソングをお送りしていますが、6時台には、宵の口リクエストをおかけしています。

白石区:RN オールドルーキーからのリクエスト

M「 街が泣いてた  」( 伊丹哲也&Side By Side )

宵の口に聞きたい曲のリクエストお待ちしています。
メール joho@stv.jp FAX 011-202-7290
おはがき 〒060-8705 STVラジオ情報アライブ「宵の口リクエスト」係まで

《ランランレポート》

応援ボードに書かれたメッセージ
 田村みなみです!

「第89回 選抜高等学校野球大会」、北海道からは“札幌第一高等学校”が出場!
午後3時10分頃から、“札幌第一 対 健大高崎”の試合が行われました。
ランラン号は、パブリックビューイング会場となっていた“札幌第一高等学校”から中継!

会場となっていた体育館には、講習終わりや部活動終わりの1,2年生を始め、先生、近隣の方などが真剣な表情で応援していました。
手には応援用のスティックバルーン!体育館の入口で配布していたので私たちも頂いて一緒に観戦しました♪

体育館の中にある応援ボードには、生徒、先生からの沢山のメッセージが。
“甲子園の土なんていらない!優勝旗ゲットだぜ!!”というメッセージや“吹奏楽部もチアダンス部のみんなも頑張れ!”という言葉が贈られていました。

惜しくも、健大高崎には敗れてしまいましたが最後の最後まで球場と一体となって、喜び、悔しさを共有していました。
体育館で応援していた高校1年生のはるのさんは、「とても悔しいけど、皆が帰ってきたら“かっこいい姿を見せてくれてありがとう!”と伝えます!」とお話してくれました。
そして、「夏も甲子園へ連れていってー!」と夏への意気込みも伺いました♪
第一ナインのみなさん、本当にお疲れ様でした!

“札幌第一高等学校”は開校60周年。
一昨年の秋にリニューアルした校内に、私も瑞穂ちゃんもウキウキ!
吹き抜けもあり、開放感に満ち溢れてた“札幌第一高等学校”。お邪魔しました♪
  • スティックバルーンを鳴らす瑞穂ちゃん
ワイドFM
radiko