情報アライブ

札幌市白石区『豆彩工房悠貴 の 肉巻きとうふカツ&はさみ焼き』

2018年1月12日(金)

札幌市白石区『豆彩工房悠貴 の 肉巻きとうふカツ&はさみ焼き』

今日の「まちの情熱きわめつけ」は、札幌市白石区にあるお豆腐屋さん「豆彩工房悠貴」をご紹介します。

伊丹食品直営で、豆腐や油揚げなどを対面販売しているお店。
またお豆腐を使ったお惣菜も手がけていて、それが地元のお客様に大好評。

水切りした豆腐を棒状にして、豚バラ肉で巻き、パン粉をまぶしてサクっと揚げた「肉巻きとうふカツ」
  • 画像
伊丹食品の豆腐作りについて、伊丹食品三代目、伊丹一貴さんにお話を伺いました。

元々、伊丹食品は輸入大豆を主原料として、スーパーや業務用卸しをメインに展開していましたが、一貴さんは、量を重視する業務形態を見直そうと、京都へ。
修行の中で、小さい頃から当たり前のように見てきた豆腐作りとは違う製法、想い、向き合い方などを身をもって学び、豆腐屋として持つべき知識、考え方を吸収して、故郷に戻ります。

豆腐作りに大切なのは、大豆と水と凝固剤(にがりなど)。
この3点。


大豆は道産のトヨムスメ、ユキホマレ、音更大袖、とよまさりなど厳選した質の良いもの。
使う水は白石区の豊富な地下水。
そして、季節によって違う、気温や水温の見極め。

それらの美味しい素材と技が合わさった時に本当に美味しい豆腐が出来上がります。

豆彩工房悠貴さんでは、この料理にはこういういお豆腐が合いますよ、という提案もして下さいます。
  • 画像
油揚げの中に秘伝の味噌と野菜などを仕込んで揚げた「はさみ揚げ」もどうぞ♪
  • 画像
《商品》
「肉巻きとうふカツ」1パック(2個入り)250円(税込)
「はさみ焼き」(5cm×20cm)180円(税込)
※店頭販売のみ。

《取り扱い店》
豆彩工房 悠貴
住所 北海道札幌市白石区本通10-南5-1

営業時間 10:00〜17:00
定休日 日曜日
電話番号 011-861-2623


 
北海道地域情報サイト