平成27年度 第2回 番組審議会議事概要

平成27年度第2回番組審議会議事録

1.開催日時

平成27年5月28日(木)午後3時55分〜午後4時45分

2.開催場所

札幌テレビ放送会館 アネックス7階A会議室

3.出席者

委員数 6名

[出席委員] 6名
小田島 敏朗 委員長
田北 百樹子 副委員長
坂口 祐一郎 委員
竹内 恒之   委員
秋山 芳宏   委員
佐藤 優子   委員

[会社側代表]  4名
松崎 良佐  取締役社長
吉田 雅則  経営管理部長
水越  克   編成制作部長
木村 明則  ディレクター

[事務局]
前田 久充  取締役放送審議室長

4.議題

「吉川のりおの聞いてナットク のりのりラジオ(月~金曜日15時台)」について

5.議事の概要

平成27年度第2回番組審議会は、「吉川のりおの聞いてナットク のりのりラジオ(月〜金曜日の15時台)」を議題として開催されました。社側からの報告・説明等の後、委員長より番組審議会の議題の選定方法に関する質問があり、これに対する応答があり、番組の審議に入りました。各委員からは以下のようなご意見ご要望をいただきました。

◇硬派な話題を組み込んでいるという印象を持った。むしろ、そういうものを積極的にうち出して、高齢者を中心としたリスナーの関心が高いものを、具体的、専門的に聞いていくという番組のコンセプトは、「あり」だと思う。
◇吉川典雄は、最初聴いた時、タレントかと思ったが、アナウンサーだということで驚いた。中身的には、過払い金の話とか、相続の話など、硬派なテーマに絞り、専門家が番組に出演して、親切にアドバイスをしていくところに好感が持てた。
◇以前の番組と変わっていないなという印象を持った。全体的な構成が、1月・2月聴いてきていた内容とそう変っていない。具体的にどこをどうすればという意見はないが、何かもう少しメリハリ感があればいいなという印象を持った。
◇この番組は、専門家がたくさん出て分かりやすく紐解いてくれる情報発信型だと思う。プロの方がゲストに出て、非常に分かりやすく紐解いてくれたので、今までの審議会の中では、一番ちゃんと聴けた。中身が詰まっているなという印象を受けた。
◇吉川典雄と渋谷もなみの掛け合いが、非常にテンポ良く、あっという間の1時間。番組もトークや音楽、交通情報など、良い構成だと思う。ただ、番組冒頭の音楽は、古い曲で、聴いている対象の年代がかなり上の人を意識した番組かなと思った。
◇私は『どさんこラジオ』の時の吉川の方が、歯切れがあって面白く、番組の構成もあると思うが、良かったのではないかという印象をもった。しかし、吉川は、これから看板パーソナリティーとして、どんどんチャレンジをしてもらいたい。

続いて、6月に予定されている単発番組、事業等の説明、聴取者からの声、及びBPOの報告等がなされ、最後に今回で退任される委員にご挨拶を頂き、平成27年度第2回番組審議会は終了しました。次回の平成27年度第3回番組審議会は、平成27年6月25日(木)に開催を予定しております。