平成26年度 第9回 番組審議会議事概要

平成26年度第9回番組審議会議事録

1.開催日時

平成27年2月26日(木)午後3時55分〜午後4時35分

2.開催場所

札幌テレビ放送会館 アネックス7階A会議室

3.出席者

委員数 6名

[出席委員] 5名
細川 吉博  委員長
小田島 敏朗 副委員長(レポート出席)
秋山 芳宏  委員
佐藤 優子  委員(レポート出席)
坂口 祐一郎 委員(レポート出席) 

[欠席委員] 1名 
竹内 恒之  委員

[会社側代表] 4名
松崎 良佐  取締役社長
吉田 雅則  経営管理部長
水越  克  編成制作部長
永井 茂夫  ディレクター

[事務局]
前田 久充   取締役放送審議室長

4.議題

「のりお と よしこの どさんこラジオ」(金曜日)について

5.議事の概要

平成26年度第9回番組審議会は、「のりおとよしこのどさんこラジオ」(金曜日)を議題として開催されました。社側からの報告・説明の後、各委員からは以下のようなご意見ご要望をいただきました。

◇2時台を聴いていて、いろいろ面白い話もあったが、3時台になり、急に吉川典雄が抜け黒岩孝康に代わり、また最後に出てくる。聴いている人間にしたら、よく分からない。もう少し流れの中で見た方が、良かったのかなと思った。
◇5時間の番組を作るというのは、ものすごく大変。5時間の中に、コンセプトというのか、一つの流れというか、考え方というのが、一本通ってないと、いろいろなものをポコポコと持ってきて時間を埋めただけの番組なんだなと思ってしまう。
◇3時間という長丁場ではあるが、全体的にいろいろなコーナーがちりばめられていて、テンポも良く番組的にはメリハリがあると感じた。
◇中継で、市民雪像コンテストを行ない、「なつかしのお風呂」がグランプリとして選ばれていたが、グランプリばかりに焦点を当てるのではなく、他にどの様な雪像あったのか、観光客の感想は?など内容の幅を広げた方が良かったのではないかと思う。
◇「芸能リクエスト」と言っていて、やっている中身は芸能情報の評価で、どの芸能情報がいいかという選択。後でかかる曲もリクエストではなく、コーナータイトルが合ってないのではないか?違和感が残った。
◇長時間の生放送とあって、道路やお天気情報を挟みながら、アナウンサーのおしゃべりを中心とした番組構成で、内容に新鮮味がなく、「幕の内弁当」的なお決まりの企画で番組を作っている印象がぬぐえなかった。
◇「芸能リクエスト」や「すげーじゃん」などリスナーを巻き込んだ双方向のコーナーは盛り上がる。「どさんこ最前線」や「ドライブ情報」などの情報は、ネタの面白さで光ってくる。また、番組内の「ラジオCMの定形を変えるようなアイデアがないものか」と思った。

続いて3月に予定されている単発番組、事業等の説明、聴取者からの声、及びBPOの報告等がなされ、平成26年度第9回番組審議会を終了しました。

次回の平成26年度第10回番組審議会は、平成27年3月26日(木)に開催を予定しております。