KANのロックボンソワ

第697回『ロンドンの話』

2018年5月12日(土)

第697回『ロンドンの話』

実は4月の後半、ロンドン→パリを旅行してきました。私クラスの旅行系アーティストが
ロンドン・パリなんて、言うのもはじゅかちぃんですが、今回は母との旅行だったもんで、
母の希望でパリ。しかし、せっかくの欧州も1カ所だけじゃなんなんで、
ロンドンもつけてみました。というわけで、今週は自身15年ぶり3度目のロンドンの話を
お聴きいただきたいと思います。
高級トランプが当たる【クイズ・フレンチ・ショック!】もありますので、
1時間よろしくおつきあいください。

M1. 未来花 for Anniversary / スキマスイッチ < 2018.05.09 配信

先週ゲストに来ていただいたスキマスイッチのふたりは、アルバムのトラックダウンで
ロンドンに滞在し、あのアビーロードスタジオで現地ミュージシャンとともに、
この曲の新バージョンをレコーディングしたそうです。
ということで、お約束どおりかけさせていただきます。

M2. London Town / Wings < LONDON TOWN < 1978

私の小さい頃からの友達が、私の高校1年の誕生日にプレゼントしてくれた
アルバムのタイトル曲。背景にロンドンのタワーブリッジが写るジャケット写真を
見ながら、初めて“外国ってどんなとこなんだろう?”と意識したのをよく憶えています。

M3. London / Pet Shop Boys < RELEASE < 2002

Pet Shop Boysにズバリな曲がありました。私このアルバムは持ってなくて、
今回初めて聴きましたが、意外なノン・ダンサブル・ナンバーでした。

 

【世界の国歌】

M4. God Save The Queen / English Chamber Orchestra  指揮:Donald Fraser

<グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国>面積:約24.3万m2(日本の約3分の2)
/人口:6,565万人
/首都:ロンドン
/公用語:英語
/通貨:ポンド
/主な宗教:英国国教

<国歌>作詞・作曲者ともに不明。連合構成国であるイングランド・ウェールズ・スコットランド
・北アイルランドにはそれぞれの独自の国歌があるため、国歌・国旗ともに法的には制定されてないものの、
英連邦王国および英王室属領で多く使用されている賛歌で、事実上の連合王国国歌。しかし最近のイギリスでは
この曲の代わりにエドガー作曲の『威風堂々』が演奏されることも多いらしい。

M5. Last Train To London / 佐藤竹善 < CORNERSTONES 2 < 2002

来週5月19日の放送は、6月に初の稚内公演を行う佐藤竹善さんをゲストに迎えての
爆笑ロングインタビューをお送りします。
そんな竹善さんのカバーアルバムシリーズからこの曲を。かっちょいいです。

 

【クイズ・フレンチ・ショック!】

問題:今回のロンドンに続いて訪れた10年ぶりのパリ。シャンゼリゼの真下を通る
地下鉄1号線の車内で、とてもビックリしたことがありました。
私が暮していた2002〜2004年にはなかったことです。
さて、私は地下鉄車内で何にビックリしたでしょうか?

 

正解の方、もしくはおもちろい回答の方の中から2名様に、
ロンドン・パリで購入した高級トランプを差し上げます。

 

メールにて kan@stv.jpあてにお送りください。

発表は再来週5月26日の放送で行います。

M6. 表参道 / KAN < 2015.02.25

この歌の元となったパリのシャンゼリゼ、そしてその大元であるロンドンの
ウォータールー・ロードに行きました。少し特別な感じがしました。
The Beatlesのマニアック・コラージュ・アレンジメントをお楽しみください。

 

そんな私のツアー【弾き語りばったり #23 三歩進んで何故戻る?】は3週ぶりに
今日の大分から再開しました。
北海道では、2018年6月2日(土)札幌・共済ホール、
7月6日(金)釧路芸術館アートホール、
7月14日(土)旭川市民文化会館 小ホール、
7月29日(日)函館・金森ホール、
9月1日(土)稚内 EBINA EVENT HALLの5公演です。

 

YAMA-KANCD+DVD、あ〜んど、LIVE DVD【ロック☆ご自由に♪】もよろちくね。

 

すべての詳細は私のオフィシャルサイト【www.kimuraKAN.com】をチャック上げ下げしてみてください。

 

皆さんからのメール・お便り・リクエストをお待ちしています。

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」