KANのロックボンソワ

第700回『700回記念』

2018年6月2日(土)

第700回『700回記念』

【弾き語りばったり #23 三歩進んで何故戻る?】今日の札幌公演が終わったところです(のイメージ)。
観に来ていただけた皆さま、ありがとうございました。

さて、フランス・パリからの帰国後の2004年10月2日から始まりましたこの『ロックボンソワ』も、
今回の放送が700回となりました。Wikipedia見てみたんですが、最初は30分番組だったんですね。
そういやぁそうだったような気がします。で、その後45分になって、2008年の10月から60分に
なったようです。人ごとみたいな書き方ですいません。
ま、なにしろ、13年8ヶ月も聴き続けてくださっているみなさん、また、最近なんかの弾みで聴くように
なっていただけたみなさん、ありがとうございます。これからも701回、709回、719回と、
くだらなそうに見せかけてインテリジェンスに富んだ正統派音楽番組を続けて行きたいと思いますので、
どちらさまもよろしくお願い島らっきょ。というわけで、今回は“700”で選曲しようと思ったんですが、
なかなか難しかったんで、“7”しばりで選曲してみました。

第700回『700回記念』

サザン90年代の大ヒット曲。私の推測では、「セブン」は作曲初期段階で意味もなく、
あくまで響き的に出ていた語を結局採用したのではないか、と思っていますが、真相はいかに。

M2. Seven / David Bowie < hours… < 1999

12弦アコギのシンプルなナンバー。「僕は生きるための7日間を手に入れた。
そして7通りの死に方も。」というのは、キリスト教の方なら解釈しやすいことなのでしょうか。

M3. 7 days / K < Coupeling of シャイン < 2017

先月、初めてKくんと一緒にゴルフやりました。TRICERATOPSのベースの林くんも一緒です。
いやぁ、Kくん、ゴルフ初めてまだ1年だというのに、もう100切ろうとしてます。
くやしいなぁ、なんか欠点ねぇのかなぁ。

M4. Seven Days / Sting < Ten Summoner’s Tales < 1993

タイトルは“7”でありながら、曲は“5拍子”。このカラダにない“5拍子”なもんですから、
何度聴いても数えてついていくことだけに必死で、曲がなかなか頭に残りません。

M5. 世界はいつも夜明け前 / Stardust☆Revue < 2018.05.30

はい、“7”とは関係ありませんが、大先輩・スタレビュのみなさんの
新シングルが発売になりましたので、かけさせていただきます。
今月末の新アルバム発売に向けて、根本要さんのロングインタビューを
収録する予定です。そちらもお楽しみに。

M6. Allentown < KAN < 弾き語りばったり #7 ウルトラタブン < 2008

収録した全会場から1曲ずつを選んで並べるという、すごく意味がありそうで、
結果あんまりなかった気がする弾き語りのライブ盤から。
7曲目はBilly Joelさんのカバーでした。

 

そんな私の今ツアー【弾き語りばったり #23 三歩進んで何故戻る?】、
今日の札幌公演、ありがとうございました。北海道ではまだ4公演あります。
7月6日(金)釧路芸術館アートホール、
7月14日(土)旭川市民文化会館 小ホール、
7月29日(日)函館・金森ホール、
9月1日(土)稚内 EBINA EVENT HALLです。どちらさまもよろしくお願いします。

 

YAMA-KANCD+DVD、あ〜んど、LIVE DVD【ロック☆ご自由に♪】もよろちくね。

 

すべての詳細は私のオフィシャルサイト【www.kimuraKAN.com】を
チャック上げ下げしてみてください。

 

皆さんからのメール・お便り・リクエストをお待ちしています。

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」