KANのロックボンソワ

第704回『根本要さん登場! SDR新アルバム特集』

2018年6月30日(土)

第704回『根本要さん登場! SDR新アルバム特集』

早いもので2018年も上半期が終わりました。ということはここから下半身に突入です。
ワクワクしますね。そんな今週は、長〜いことお世話になっている大先輩、
StardustRevueの根本要さんをゲストにお迎えして、新作アルバム【還暦少年】を
特集しながらの爆笑ロングインタビューです。1時間よろしくおつきあいください。

M1. You’re My Love / Stardust☆Revue < 還暦少年 < 2018.06.27

フィル・スペクターまたは大瀧詠一サウンドを意識した昔からのスタレビュ・ファンの
期待に応えるであろうナンバー。
初回限定盤に付属のRecording Documentary DVDでは、プロデューサー・佐橋佳幸さんとの
たいへんに興味深い録音シーンを見ることができます。

M2. Blues In The Rain / Stardust☆Revue < 還暦少年 < 2018.06.27

要さんってもともとこうゆう人なんだよね、と改めて思わせられるドブルース。
内田勘太郎さんのボトルネックでのアコギと、要さんのエレキソロも秀逸です。

 

【世界の国歌】

M3. Himno Nacional del Perú(ペルー共和国国歌) / Slovak Radio Symphony Orchestra

<ペルー共和国>面積:約129万m2(日本の約3.4倍)
/人口:約3,311万人(日本の約3分の1)
/首都:リマ
/公用語:スペイン語・ケチュア語・アイマラ語/主な宗教:カトリック(81%)
/通貨:ヌエボ・ソル

<国歌>1821年7月28日にリマを解放したホセ・デ・サンマルティン将軍が、
スペインからのペルー独立を宣言した後、8月7日に新聞でペルーの国歌を公募。
応募された7作品のうち、ホセ・ベルナルド・アルセードによる曲を聴いた将軍は、
「疑問の余地なく、これこそペルーの国歌だ」と即座に決定。

これに詩人のホセ・デ・ラ・トーレ・イ・アラルコンが作詞し、9月23日の夜、
リマの劇場で初めて公に演奏されました。
¡Somos libres!, seámoslo siempre/我らは自由に!、常にそうあらんことを
という別名もあるそうです。

M4. 還暦少年 / Stardust☆Revue < 還暦少年 < 2018.06.27

このアルバムのタイトル曲は、中学の時代からの仲間が何十年もバンドを続けて還暦を迎えた、
いろんな意味で感動的なロックンロールナンバー。

 

そんなスタレビュのみなさんは、【楽園音楽祭】という野外ライブツアーの後、

9月17日(月祝)には、函館・五稜郭特設ステージでの特別公演があります。

そして11月からは、このアルバムをひっさげての全国ツアー。
北海道での公演はまだ発表になってませんが、来年のいつかやるはずですから、
決まったらこの番組でもお知らせします。
すべての詳細はオフィシャルサイトで http://www.s-d-r.jp/

 

さて私のほうは【弾き語りばったり #23 三歩進んで何故戻る?】
楽しくやらせていただいています。今日は横浜、明日は静岡。
北海道ではあと4公演、7月6日(金)釧路芸術館アートホール、
7月14日(土)旭川市民文化会館 小ホール、
7月29日(日)函館・金森ホール、
9月1日(土)稚内 EBINA EVENT HALLです。

 

でありながらも、次なるツアーが発表になっています。
Concerto col Quartetto da Muroia】弦楽四重奏との全11公演の全国ツアー。
札幌公演は、12月24日(月祝)道新ホールです。

 

ということは、そのツアーの前になんらかの出すべきものを出す、
ということにもなっていますので、今後の情報に充分注意しながら、
オフィシャルサイト【www.kimuraKAN.com】をチャック上げ下げしてください。

 

皆さんからのメール・お便り・リクエストをお待ちしています。

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」