ちょっと暮らし北海道

2018年5月13日『北海道 占冠村』

2018年5月13日(日)

2018年5月13日『北海道占冠村』

大山慎介のちょっと暮らし北海道 5月13日の放送は・・・

「北海道占冠村」をご紹介しました。 

占冠とは・・

《占冠概要》

北海道のほぼ中心部、上川支庁管内の最南端に位置する占冠村。

東北は南富良野町、南は日高町と平取町、西は夕張市と鵡川町に接し、

村界はほとんど分水嶺から成り立っています。

総面積は571.41平方キロメートル(東京23区とほぼ同じ大きさ)で、

その94%が山林という大きくて小さな村です。 

 

 

《名前の由来》

占冠(しむかっぷ)の名前の由来は、アイヌ語の「シモカプ(shimokap)」からで、

『とても静かで平和な上流の場所』のことを意味しています。

その名の通り今も変わらず、静かで平和な村です。

 

 

《気候》

占冠村は、北海道の内陸部にあり、

しかも近接した高峻な山岳に囲まれていることから、気候は内陸性です。

気温の日較差、夏冬の格差も大きく、風は主として西風、西南風が多く吹きます。

降水量は、年間約1,400ミリメートルに達し、

積雪も100センチメートル前後になります。

緑まぶしい夏は涼しく、ダイヤモンドダスト煌めく冬は寒いところです。

アクセス

■自動車をご利用の場合

札幌~占冠・・・2時間(高速)

旭川~占冠・・・2時間15分(一般道)

帯広~占冠・・・1時間25分(高速)

富良野~占冠・・・1時間(一般道)

 新千歳空港~占冠・・1時間20分(高速)

 

 

■JR   占冠⇔札幌 1時間20

     占冠⇔帯広 1時間

 

 

 

観光スポット

「モカムカ」

北海道、大雪山系、夕張山地、日高山脈に囲まれた山里にある「占冠村」。

小さなアウトドア会社「モカムカ」。

里を流れる「鵡川」を中心に小さな子供からおじいちゃん、

おばあちゃん、ペットまで参加出来るプライベート川下りツアーや、

釣り人向けの川下りツアーを行っています。

ここでは、魚が泳ぎ、虫が飛び回り、鳥が歌い、鹿が走り抜けています。

 

「赤岩青巌峡」

清流鵡川の勇壮な流れに、赤や青の巨岩が織りなす風景は壮観です。

赤い岩は古代海底だった時に微生物が堆積して出来たチャートといわれるもの。

紅葉時期のもみじとの対比は特に絶景です。

またロッククライミングの聖地として人気のスポットです。

 

 

 

 

 

「占冠村湯の沢」

占冠の自然に囲まれた温泉。

リニューアルしてお風呂もゆったりした広さに。湯冷めしにくい塩化物泉で、

体は芯からぽかぽか。のんびり過ごせる囲炉裏の休憩室も登場。

おいしい地域食材を味わえるランチも人気。

占冠の鹿肉、山菜、野菜に舌鼓をうてます。

湯の沢温泉だから、ちょっと特別な時間を感じられます。

 

「雲海の見えるテラス(雲海テラス)」

昨日12日から今年も雲海が見られるテスラのゴンドラ営業がスタート。

日高山脈を越えて流れ込むダイナミックな雲海。

大自然が生み出す絶景が、トマムの朝を彩ります。

雲海は早朝が多いため、5時くらいからゴンドラ営業が始まります。

早いけど、早起きする価値はあります!!!

 

占冠村のちょっと暮らしについて

【占冠村地域振興住宅「楓】

•住所:占冠村字占冠(役場から車で5分)

•間取:1K(ユニットバス、キッチン)

•家賃:26,600/

•共益費:夏季3,000円、冬季6,000円(水道料・暖房料込)

 


 

お問い合わせ

【問い合わせ】
 

占冠村役場 企画商工課 企画担当
 TEL0167-56-2124(直通)



 


STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」