ちょっと暮らし北海道

大山慎介のちょっと暮らし北海道は・・・

北海道の新しい滞在スタイルを提案する番組です。
毎週、札幌から北海道の魅力をたっぷりお届けしています。

ポッドキャストで番組を聴く

ポッドキャスト
「番組」を放送と同じノーカットでお聴きいただけます。
お聴き逃した方は是非こちらでチェックしてください!

北海道田舎活性化協議会「+HOKKAIDO」

 「いつもアナタのそばに北海道を!」をテーマに、ちょっと暮らしの情報や、地域の「生」の情報、説明会のご案内、また地域の特産品情報をお伝えするホームページ「+HOKKAIDO(ぷらすほっかいどう)」
 
現在、無料の個人会員も募集中です。
 
詳しくは、↑の +HOKKAIDO(ぷらすほっかいどうホームページ http://plus-hokkaido.org/) にアクセスしてください。
  • 厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
    厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
田舎で「ちょっと」暮らしてみませんか??
地元の方と触れ合い、役場のサポートを受けながら市町村に短期(1週間〜1ヶ月、半年間)ステイする『ちょっと暮らし(お試し居住)』 観光やマンスリーマンションでは味わえない「町民、村民体験」ができる・・つまり「観光ではなく、移住でもない。『お試し』で暮らすこと」を言います。

役場の方だけでなく、地元の方との触れ合いによって、観光ではわからなかった「ちょっと違う目線」で町を見ることができます。

平成17年に実証実験を行ない、28人が参加。
翌平成18年から本格的にスタート。400人が参加。
現在「ちょっと暮らし(お試し居住)」は、全国でおよそ400団体が行っています。

この番組は、その「ちょっと暮らし」の情報はもちろん、「北海道の暮らし方・付き合い方」をリスナーの皆さんと一緒に考える番組です。

このホームページでは「放送内容」「ちょっと暮らし問い合わせ先の情報」をご覧いただけます。

毎月最終日曜日『お便り特集』
  • スタジオ
  • 大山慎介
全国の皆さんからいただいたおハガキをご紹介しています。
「ちょっと暮らしする時の疑問・質問」「北海道暮らしってどうなの?」逆に北海道の皆様から「北海道と本州のギャップ」「道内から道内の町へのちょっと暮らしってできるの?」などテーマはフリーです。お待ちしています。

30分の放送では全てご紹介できませんが・・大山慎介がいただいたハガキ、メール全て読ませていただいています。

メールは・・・ kura●stv.jp (●の部分を@に変えてください) 

ハガキは・・・ 〒060-8705 「STVラジオ ちょっと暮らし北海道お便り係」

※必ず『住所』『氏名』『電話番号』を必ずお書きください。

2017年4月23日『北海道 厚沢部町』

2017年4月23日(日)

2017年4月23日『北海道池田町』

大山慎介のちょっと暮らし北海道 4月23日の放送は・・・

「北海道厚沢部町」をご紹介しました。 

厚沢部町とは・・

北海道の南端、渡島半島の日本海側、檜山管内に位置し、同管内江差町、上ノ国町、乙部町、渡島管内八雲町、森町、北斗市、木古内町の7市町に接し函館市から約60kmの距離に位置している。

 

面積のおよそ8割を山林が占める。

 

メークイン発祥の地厚沢部町にあった北海道庁桧山農事試作場ではじめてメークインが試作されたのは大正14年。
以来、厚沢部のメークインは厳格な肥培管理のもとに生産されている。
指導者の努力と偉業をたたえ、厚沢部町農業協同組合(JA新函館厚沢部支店)構内に昭和51年「メークイン発祥の地」の碑が建てられた。


厚沢部町のちょっと暮らしについて

「A棟」「B棟」「C棟」「D棟」「E棟」と5つのちょっと暮らし住宅があり、1週間~1ヶ月間の利用ができます。
9月までは予約で埋まっていますが、9月以降空きがあるそうです。

また「素敵な過疎づくり株式会社」のスタッフが滞在中困ったことなどをサポートしてくれます。

お問い合わせ

厚沢部町 素敵な過疎づくり株式会社

電話:0139-64—2022
   平日の午前9時から午後5時までの受付です。


STVラジオワイドFM開局
STVラジオをradiko.jpで聴く