ちょっと暮らし北海道

大山慎介のちょっと暮らし北海道は・・・

北海道の新しい滞在スタイルを提案する番組です。
毎週、札幌から北海道の魅力をたっぷりお届けしています。

ポッドキャストで番組を聴く

ポッドキャスト
「番組」を放送と同じノーカットでお聴きいただけます。
お聴き逃した方は是非こちらでチェックしてください!

北海道田舎活性化協議会「+HOKKAIDO」

 「いつもアナタのそばに北海道を!」をテーマに、ちょっと暮らしの情報や、地域の「生」の情報、説明会のご案内、また地域の特産品情報をお伝えするホームページ「+HOKKAIDO(ぷらすほっかいどう)」
 
現在、無料の個人会員も募集中です。
 
詳しくは、↑の +HOKKAIDO(ぷらすほっかいどうホームページ http://plus-hokkaido.org/) にアクセスしてください。
  • 厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
    厚沢部町の鮎釣りの風景(写真:大山慎介提供)
田舎で「ちょっと」暮らしてみませんか??
地元の方と触れ合い、役場のサポートを受けながら市町村に短期(1週間〜1ヶ月、半年間)ステイする『ちょっと暮らし(お試し居住)』 観光やマンスリーマンションでは味わえない「町民、村民体験」ができる・・つまり「観光ではなく、移住でもない。『お試し』で暮らすこと」を言います。

役場の方だけでなく、地元の方との触れ合いによって、観光ではわからなかった「ちょっと違う目線」で町を見ることができます。

平成17年に実証実験を行ない、28人が参加。
翌平成18年から本格的にスタート。400人が参加。
現在「ちょっと暮らし(お試し居住)」は、全国でおよそ400団体が行っています。

この番組は、その「ちょっと暮らし」の情報はもちろん、「北海道の暮らし方・付き合い方」をリスナーの皆さんと一緒に考える番組です。

このホームページでは「放送内容」「ちょっと暮らし問い合わせ先の情報」をご覧いただけます。

毎月最終日曜日『お便り特集』
  • スタジオ
  • 大山慎介
全国の皆さんからいただいたおハガキをご紹介しています。
「ちょっと暮らしする時の疑問・質問」「北海道暮らしってどうなの?」逆に北海道の皆様から「北海道と本州のギャップ」「道内から道内の町へのちょっと暮らしってできるの?」などテーマはフリーです。お待ちしています。

30分の放送では全てご紹介できませんが・・大山慎介がいただいたハガキ、メール全て読ませていただいています。

メールは・・・ kura●stv.jp (●の部分を@に変えてください) 

ハガキは・・・ 〒060-8705 「STVラジオ ちょっと暮らし北海道お便り係」

※必ず『住所』『氏名』『電話番号』を必ずお書きください。

2017年3月19日『北海道 松前町』

2017年3月19日(日)

2017年3月19日『北海道松前町』

大山慎介のちょっと暮らし北海道 3月19日の放送は・・・

「北海道松前町」をご紹介しました。 

松前町とは・・

北海道の最南端の町。
 <松前の桜>
桜の名所100選に選定されている松前公園には約1万本250品種の桜があり、4月下旬から5月下旬までの1ヶ月間にわたり、早咲き・中咲き・遅咲きと「時差開花」し競演の様子を見せます。津軽海峡を眺めながら見る桜は圧巻。また、推定樹齢300年以上の古木で、松前を代表する桜の品種「南殿」の親木もある。この木にまつわる伝説も。

4月29日から5月14日まで「第70回松前さくらまつり」が開催されます!
今回、番組に登場した飯田さんなど松前町の観光ガイドさんが松前町内をガイドしてくれます。
 
<松前漬け>
藩政時代、日本海から津軽海峡を越えて「北前船」と呼ばれる商船が行き交い、米のとれない松前藩の経済を支えたのが、地元の海産物を使った保存食だった。その保存食の代表が、スルメと昆布を醤油に漬け込んだ「松前漬け」


松前町のちょっと暮らしについて

今年松前町で「ちょっと暮らし」がスタート

町営住宅として使用していた建物を改装。一度に2組がご利用いただけます。

役場から20キロほど離れた高台にあり、部屋から海を見ることができます。

 

1週間以上(最大1年)の利用で、月額 5万1000円(1日1700円)

 ※光熱費込み(夏・冬と料金変わらず)

お問い合わせ

 松前町役場 政策財政課 電話 0139-42-2275

(平日の午前9時頃から午後5時頃までの受付。 電話口で「ちょっと暮らしの件」とお伝え下さい)


ワイドFM
radiko