FMラジオで聴く

「ワイドFM」開局!!

  • タイトル
2016年10月19日、総務省北海道総合通信局から、都市型難聴対策・災害対策を目的としたFM補完中継局の本免許が交付されました。
STVラジオでは同日正午より、FM補完中継局、通称「ワイドFM」として放送を行っています。

ワイドFMって、何?

AMラジオの「都市型難聴」「災害対策」としてスタートしたFM放送です。
マンションや高層ビルなどこれまでAMラジオが聞こえづらかった場所でも聞こえるようになります。雑音が入りにくく、クリアな音質とステレオ放送でお楽しみ頂くことができます。

どうすれば聴けるの?

  • 90MHzを超える周波数を受信できる「ワイドFM対応」のラジオ
  • アナログテレビ音声の聴取が可能なラジオ
で聴くことができます。STVラジオは90.4MHzになります。
現在、各メーカーから「ワイドFM」対応のラジオやカーナビが続々と発売されています。
STVラジオ「ワイドFM対応ラジオ」特別販売のお知らせ!!
<90.0MHz>までしか受信できないラジオでは「聴取不可」 アナログテレビ音声の聴取が可能なラジオなら「聴取可能」

エリアは?

札幌の手稲山から電波が送信されます。札幌圏を中心に、石狩管内ほぼ全域と空知・後志・胆振・日高管内の一部で聴くことができます。
なお、地形や建物の条件によっては聞こえない地域もあります。
受信可能エリア以外にお住まいの方は引き続きAM放送やradikoでお楽しみ下さい。
  • 聴取エリアイメージ

AM放送はどうなるの?

AM放送が「ワイドFM」に切り替わるわけではありません。
これまでどおり、AM放送をお楽しみ頂けます。 

「ワイドFM」概要

  • 送信所の位置  手稲山山頂
  • 送信出力    5kW
  • 聴取エリア   札幌市を中心とした石狩管内ほぼ全域と、空知・後志・胆振・日高管内の一部
  • 送信周波数   STVラジオ 90.4MHz
STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く