牧やすまさ路地裏のスピリッツ

第37回

2019年4月1日(月)

「みんなのあんしん介護」

札幌で老人ホームや介護施設探しのお手伝いをしています
「老後のあんしん札幌相談室」の方にご出演頂き、
身近な介護のお話や、皆さんから寄せられるご相談、
リスナーの皆さんの介護のお悩みにお答え頂くコーナーです

 

今日のお話・・

テーマ「高額介護サービス費について」

あまり聞いたことがないかもしれませんが数年前から実は
ある制度で多くの方がこれをご存知ありません。簡単に言うと利用した
介護保険料が一定の金額を超過すると一部戻ってくるという制度です。

高額介護サービス費では、自己負担の上限金額が定められます。
ただしその金額は所得などの諸条件によって区分分けされています。
区分は合計所得金額をもとに決められますが、この合計所得金額とは、
収入額から扶養控除や社会保険料控除などの所得控除額を引いた金額のことを差します。
区分としては4つあります。

①生活保護を受給している方等
自己負担上限額15,000円(個人)です。

②世帯の全員が市区町村民税を課税されていない方
上限金額は24,600円(世帯)です。ただし
・老齢福祉年金を受給している方
・前年の合計所得金額と公的年金等収入額の 合計が年間 80 万円以下の方等
に該当する場合は、15,000円(個人の場合)が上限金額になります。

③世帯内のどなたかが市区町村民税を課税されている方
世帯内のどなたかが市区町村民税を課税されているものの、
現役並み所得に相当しない方の自己負担上限額は、
平成29年8月から44,400 円(世帯)となりましたがこちらは例外もあるそうです。

④現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方
2015年8月に新設された区分です。自己負担上限額は44,400 円(世帯)。
「現役並み所得」とは、世帯内に課税所得145万円以上の被保険者がおり、
さらに世帯内の第1号被保険者の収入の合計額が520万円
(単身世帯の場合は383万円)以上とされています。

詳しくは、「高額介護サービス費」で検索
または、区役所の介護保険課に相談してください。



お問い合わせ

老後のあんしん札幌相談室

お問い合わせ:0120-652-118
(フリーダイヤル ろうごに いいわ)


受付時間:平日・午前9時〜午後7時
老後のあんしん