牧やすまさ路地裏のスピリッツ

「北彩庵」から『札幌大長なんばんの三升漬』

2019年7月5日(金)

「札幌大長なんばんの三升漬」60g 398円(税別)

今週のまちの情熱きわめつけは、道産にこだわったお漬物をひとつひとつ丁寧に手作りしている会社「北彩庵」から、三升漬をご紹介!ただし、みなさんが口にしてきた三升漬と、ちょっと違うかもしれません。使っているなんばんからして違う。特別な青唐辛子を使用しているんです。その名も「札幌大長なんばん」歴史のある、伝統的な青唐辛子のひとつで、辛みが強いのが特徴。夏らしく冷奴にのせて、どうぞ召し上がれ〜
  • お皿
まず、この三升漬が作られるようになったきっかけについて語る上で、はずせないのが「札幌伝統野菜」の存在。明治時代、開拓使が置かれた札幌は、北の農業技術を構築する拠点となり、様々な作物・品種が栽培されてきました。北海道の気候と風土に適するように変化を遂げたナンバンが、今回の三升漬の主役でもあります、札幌大長なんばん!

北彩庵は札幌大長なんばんに着目。このなんばんの特性を活かした三升漬を作ることができれば、札幌伝統野菜の魅力をまた違った形で発信できるということで、以前から販売していた醤油(大豆、小麦)も麹も全て道産という「北海道産青なんばんの三升漬」をさらにアレンジし、試行錯誤の末に「札幌大長なんばんの三升漬」を完成させたのです。
「時代の流れとともに品種改良され、辛みも優しくなってきました。札幌大長なんばんは、とんがった辛みが特徴。大人の味を是非お楽しみください。」
この三升漬を食べて、北海道開拓の歴史に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?
  • なんばん
■北彩庵「札幌大長なんばんの三升漬」60g 398円(税別)
※北海道神宮敷地内「白鹿食堂」、さとらんど交流館、JA札幌直売所(4ヶ所)で販売中。
札幌市西区八軒7条西11丁目1-48
電話番号 011-613-2080  問い合わせ可能時間 9:00〜17:00
定休日 土日祝日
  • 牧&なおこ
北海道地域情報サイト