牧やすまさ路地裏のスピリッツ

「みなほっの杜」から『しんきん牛』

2019年7月12日(金)

みなほっの杜「しんきん牛ハンバーグ」 140g 324円(税込) 「しんきん牛カルビ焼肉」 200g 1,300円(税込)

今週のまちの情熱きわめつけは、道南の魅力を発信するスポットから、おいしいお肉をご紹介!札幌市中央区にあります、南北海道のアンテナショップ「みなほっの杜」から「しんきん牛」という、木古内町の大釜谷(おおかまや)内藤牧場で大切に育てられたブランド牛のしんきん牛100%のハンバーグと、カルビ焼肉です!
  • しんきん牛
    信金が応援する牛肉だから「しんきん牛」!
そもそも、みなほっの杜とは、その名の通り、南北海道の略「みなほっ」に、南北海道の魅力を知り尽くす生産者や企業が、南北海道ブランドを育て、発信していこうという共通の想いの元に集結し「杜」を形成したことから名付けられた、いわゆる南北海道の魅力発信基地!今回ご紹介するのは「しんきん牛」とは、南北海道を身近に感じてもらいたい、この牛肉を通して南北海道に親近感を持ってもらいたいという意味をこめて、さらにはおしま信用金庫さんのご協力をいただいていることもあり「しんきん牛」と銘打たれました!
  • ハンバーグ
    「しんきん牛ハンバーグ」
しんきん牛は交雑牛と呼ばれる日本特有の肉用種。サシが入りやすくて柔らかく、旨みが強い黒毛和牛がお父さん。丈夫で身体が大きくなりやすいホルスタイン種がお母さんで、その両方の特性を受け継いで産まれます。黒毛和牛の飼育より短期間で仕上がり、くど過ぎない脂の旨みと赤身の柔らかさが特徴です。木古内町の大釜谷(おおかまや)内藤牧場は15年近く交雑牛の肥育に取り組んでおり、様々な飼料・肥育方法と牛の血統を試しながら現在に至っている!
さらに!牛舎で育てる上でのこだわりは、日々の体調のチェックと、極力ストレスをかけずに、のんびり生活してもらうこと。牛が夏バテしない様にミネラル鉱塩を与えたり、冬には風邪を引かない様、ニンニクチップを与えたりもします。愛情をたっぷりと注がれて、愛されて育てられたしんきん牛。だからおいしい。だから親近感がわく。しんきん牛になるべくして生まれた牛なんです! 10月にはしんきん牛を扱う焼肉屋さんもすすきのにオープン!おいしいものに敏感なかたはぜひぜひ要チェックですよー!
  • カルビ
    「しんきん牛カルビ焼肉」
■みなほっの杜  「しんきん牛ハンバーグ」 140g 324円(税込)「しんきん牛カルビ焼肉」 200g 1,300円(税込)※みなほっの杜の店頭、オンラインショップでも購入可
おしま信用金庫札幌支店 道南のアンテナショップ「みなほっの杜」
札幌市中央区北2条西3丁目敷島ビル1F
TEL 0800-800-5277 ←お問い合わせ 営業時間 9:00〜18:00
第1第3土曜日営業 他の土日祝がお休み
  • 牧&なおこ
北海道地域情報サイト