河村通夫の桃栗サンデー

タラの昆布〆め【おまけ:甘酒レシピ】

2017年2月12日(日)

タラの昆布〆め【おまけ:甘酒レシピ】

  • レシピ
生のタラの半身
頭側から皮をむき、骨抜きで腹骨を取り、軽く塩をします。

カットしてからお酢をふりかけながら
細切り昆布でサンド
※20cm×13cmぐらいの容器なら
タラ2段でぴったり。

ひとまわり小さな容器で軽く重石をして
一晩置くと出来上がり。
包丁をぬらして切りましょう。

えっ?これがタラのおいしさ?!

  • 画像

おまけ:甘酒レシピ

  • レシピ
お米1合に水5合でおかゆを炊きます。

炊き上がったら60℃以下に冷まし
こうじ1袋(150g程)を混ぜます。

ジャーのふたを開けて布巾をかけ
保温モードで10〜12時間

甘酒の素の出来上がり!!
(冷蔵・冷凍で保存)

そのままでも美味しい。
お湯で2〜3倍に薄めてどうぞ。
(お好みでおろし生姜も♪)

☆☆☆甘酒の素でべったら漬け☆☆☆

大根を一口大に切り、
大根の重さの4%の塩で漬けます。
(卓上漬物器やジッパー袋で)

2日程漬けた後、水気を切って大根の重さを計り、
その重さの1/3量の「甘酒の素」を混ぜます。

1日ぐらいでなじんで出来上がり。

渋谷もなみの新婚修行!!

  • キムチ
甘酒でほっこり♪♪
お粥に麹でこんなに甘くなるんですねー!
飲む点滴と呼ばれる甘酒。
季節問わず生活にとりいれたいですね!

さて、そんな甘酒で、べったら漬けも出来るよー!
と佳子さんに教わり早速作ってみました!
これが美味しいっ!

ぜひ甘酒を作った際にはべったら漬けも併せて是非☆

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」