パーソナリティ

日高 晤郎

日高 晤郎

プロフィール

顔写真

日高 晤郎

Goro Hidaka
星座:
うお座
血液型:
A型
好きな色:
虹色
出演番組:
ラジオ

Q&A

趣味
仕事=日高晤郎ショー
特技
オムレツを作ること
宝物
師との写真(1994年・日高晤郎ショー雪まつりホール公開にて、勝新太郎さんとの一枚)
座右の銘・好きな言葉
良く笑えた日は佳い一日だ
好きな食べ物
寿司
日本一の話芸人
自分を動物や花に例えると
黒ヒョウ(と、周りのスタッフが言っております)
リスナーさんに一言
とにかく聴いてください。

これまでの番組

STVラジオ

昭和53年4月〜 「日高晤郎の奥様広場」(土 10:00〜10:55)
昭和58年4月〜 「日高晤郎ショー」(土 12:00〜15:00)当初3時間枠で開始。
昭和59年4月〜 8時間放送に延長(土 9:00〜17:00)
昭和62年より、9時間放送(土 8:00〜17:00)となり、現在に至る。
昭和60年 スタジオにかかってきた1本の電話がきっかけとなり作った、『峠道』が日本民間放送連盟賞・ラジオ娯楽部門で最優秀グランプリを受賞。
平成9年 『100年先を見据えた男・広井勇物語』が日本民間放送連盟賞・ラジオ娯楽部門で最優秀グランプリを受賞。

STVテレビ

平成元年10月〜平成6年12月「日高晤郎のスーパーサンデー」

パーソナリティ紹介

経歴  
昭和35年 大映京都撮影所演技研究会入所(第2期生)
昭和36年 17歳のとき「江戸へ百七十里」にて市川雷蔵の相手役でデビュー。「樅の木は残った」「駿河遊侠伝シリーズ」など40本に出演。
昭和42年 クラウンレコードより「流れ者小唄」でデビュー。以後3年間でLPを含め10枚を発表・
昭和62年 本「日々幸せ感じ上手」発売
昭和63年 本「こころによりくもりのちはれ」発売
平成2年 東芝EMIよりシングルCD「つづれ織り」、アルバム「北の語り部スペシャル」発売
平成4年 アルバム「泣きたい時に」発売
平成10年 松原のぶえとデュエット「札幌ふれ愛めぐり逢い」発売
     
※NET「特別機動捜査隊」に刑事役で3年間レギュラーを務める。
洋画の吹き替えで「007ゴールドフィンガー」「ロシアより愛を込めて」のショーンコネリー役やチャールズブロンソン、ポールニューマンなどの声を務める。

STVラジオワイドFM開局
STVラジオをradiko.jpで聴く