田村次郎のTAMURADIO

第12回“DoYou名言集”

2016年4月17日(日)

■□■□■□■Do You 名言集■□■□■□■


『大きな矛盾を抱えて自分だけの道を探せ』 
by忌野清志郎 

キングオブロック、忌野清志郎さんの言葉。 
清志郎さんが言うからこそ説得力のある言葉。 

清志郎さんのロックンロール人生は波乱万丈。 
3人組のフォークグループ、RCサクセションでデビュー。 
若い時にデビューしたと思ったら全然売れず事務所からは飼い殺し状態。 
その後、なんとか方向転換をして5人組ロックバンドになって 
人気絶頂を時代作るのですが、 
原発の曲をレコーディングしたら発売禁止になったり、 
タイマーズ(別ユニット)でラジオ局出禁になったり… 
その後、メンバーは1人2人と抜け解散状態になったり… 
逆風やらトラブルやらに見舞われながら活動を続けていた。 

そこで、今日の名言。 
「大きな矛盾を抱えて自分だけの道を探せ」 

この言葉の素敵な所は矛盾というものをあるものとして考えている所。 
矛盾という存在を認めている。 
生きていると、つじつまが合わない事はいっぱいある。 
世の中の矛盾、社会の矛盾。 
清志郎さんはもしかしたら自分の心の中にもつじつまのあわない事や想いが 
たくさんあったのかもしれない。 

でも、自分の歌を自分の声で歌い続けた 
自分の曲を作り続けた。 

そんな清志郎さんがこの言葉を言うからこそ、 
筋が通らない事があるのなら 
たくさんの矛盾に囲まれてしまう事があるのなら 
自分の道を探して、その道を行く事を筋にせよ! 
矛盾くらいあって当たり前! 
大事なのは自分がどうしたいかだぜ! 
そう言っているように聞こえる。 

世の中、エンターテイメントはたくさんあるけど、 
ロックンロールは矛盾を認めてくれるエンターテイメントだと思う。 
つじつまが合わない、矛盾だらけ。 
それが生きている事! 

まさしく清志郎さんの歌はそういう意味で 
本物のロックンロールだと思います。 


「悪い予感のかけらもないさ…」という歌詞のある曲。 
この歌詞が歌われると胸の中が悪い予感でいっぱいになる… 
これも矛盾なんでしょうか。 
でも、この感じがとても人間ぽいなと思う。 

M「 スローバラード / RCサクセション 」 

:::::::::::::::::::::::::::::::::: 

TOUR「Funk-a-lismo!VOL.10」
6月2日(木)@札幌 cube garden
  4日(土)@旭川 CASINO DRIVE
5日(日)@帯広 MEGASTONE
w)フレデリック

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」