田村次郎のTAMURADIO

第10回“DoYou名言集”

2016年2月20日(土)

■□■□■□■Do You 名言集■□■□■□■

『ファンキーとは自分自身を解放する事です。

なので、学校や会社にいる時はファンキーであってはいけません』

byJAMES BROWN

 

ファンクミュージックの父、JAMES BROWNの素敵な名言。

 

ファンクやファンキーという言葉は難しい気がする。

ロックやパンクより敷居が高いイメージ。

ファンキーとはハメをはずしてご機嫌な感じ、

黒人だけが持っている感覚がファンキーの感じと思うかもしれませんが…。

 

JAMES BROWNのファンキーの定義は明快。

「自分自身を解放する事」

…なるほどわかりやすい。

ここまではすごくまっとうな言葉。

ただ、この言葉を名言としているのはこの後!

 

学校や会社にいる時はファンキーであってはいけません

 

この一文がある事で、ファンキーやファンクミュージックというのは

学校や会社にいて自分自身を解放出来ない人であれば

誰でも楽しめる音楽!

つまり、学校や会社で学んだり働いたりしている人への

味方になる音楽だという事を言ってくれている。

モヤモヤするな…スカッとしないな…という気持ちこそが

JAMES BROWNの言うファンクミュージックの燃料になっている。

 

JAMES BROWNが鳴らす音楽自体も、躍らせる、叫ばせる、騒がせる

ファンキーな状態、自分自身を解放する状態を目指して鳴らされる音楽。

 

JAMES BROWNのライブではコール&レスポンスがある。

コール&レスポンスをうまくビートの中に入れて曲の一部にしてしまう。

そういった事を重ねていく事で、お客さんの気持ちを解放させる

そんな音楽なんです。

 

学校や会社で悩んだり戦ったりして頑張っている人はオレのライブに来たら

絶対に楽しませてやる、そんな気持ちもこの名言には込められている気がする。

 

 

北海道に住んでるみんなは

SCOOBIE DO6月の北海道ツアーに来て

ファンキーな状態になったらいいよ!

 

JAMES BROWNの思想、ファンクやファンキーにも影響を受けた曲…

M「 LIVE / SCOOBIE DO

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

TOURFunk-a-lismo!VOL.10

62日(木)@札幌 cube garden        

  4日(土)@旭川 CASINO DRIVE      

   5日(日)@帯広 MEGASTONE        

w)フレデリック 


STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」