田村次郎のTAMURADIO

第33回“DoYou名言集”

2018年1月19日(金)

「偶然の為の必然」 by BOSS THE MC

札幌出身、THE BLUE HERBのラッパー。

20167月に新宿レッドクロスというライブハウス(OKAMOTO’STHE BAWDIESなどがこのライブハウス出身)で毎年夏の周年イベントをやっている。

とてもライブハウスの気合いを感じるブッキングをいつもしていて、この年はSCOOBIE DOTHE BLUE HERBという組み合わせ。

その時に、ライブを終えたBOSSさんが証明さんとプチ反省会をしていた。

その時に「偶然の為の必然をちゃんと作っていかないとダメだよな…」と何気なく言っていた言葉が、THE BLUE HERBのリリックの中の
パンチラインのように心に響いた。

平たく言えば、いいライブをする為にいい準備をしようという意味合い。

ただここで言う偶然の為の必然の目指すところは偶然!

いわゆるライブをする為に、曲順を決めたり、
曲名を言ったら曲に入ろうなどの約束事や、
照明さんやPAさんとの打ち合わせもする。
準備はたくさんする。

ただ、それをやってその通りにできたらOKという訳でもない。

あくまで目指すのは準備した上で出来たその先に
何か予想もしていなかった事が起こる、起こしたい、
それこそ音楽をやるライブをやる意味と思っている。

その瞬間でしか味わえない、成立しないような事。

それをBOSSさんも1アーティスト、1ラッパー、
1音楽家として目指しているのが

同じ所を見ているんだなと思った。

ライブをする意味は偶然の部分、どこまでいけるんだっていう部分に
重きを置いているのが1発でわかって
“偶然の為の必然”という言葉が心に突き刺さった。


M
「ウルトラC」(THE BLUE HERB

 

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」