工藤じゅんきの十人十色

「炎舞炊き」で十色ごはん

「炎舞炊き」で十色ごはんもいよいよ最終回!!

2018年11月30日(金)

「象印100年目の最高傑作」圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」

炎舞炊き試食会

  • 試食会

蔵元直営 千歳鶴吉翔さんでのイベントは、リスナーの皆さんと「炎舞炊き」で
炊き上げた美味しいごはんと、「炎舞炊き御膳」や「炎舞炊き豚すきとろろがけ
御膳」「炎舞炊き秋鮭のちゃんちゃん焼風味噌煮御膳」を頂き、一緒に美味しい
素敵な時間を共有させていただきました。
また、期間限定イベント「象印食堂」では、毎日完売!
多くの皆さんにお越し頂き、ありがとうございました。

最終回!今日は「炎舞炊き」で炊いたご飯をいただきます!

  • 炊き立てのご飯
    炊き立てのいい香りが

炊飯ジャーが変わるとこんなに違うもんだと、私達は改めて実感!

  • 工藤
    つやがよく美味しさがすぐわかる!

どなたが炊いてもプロ級の仕上り!

  • 内山
    一粒一粒ぴんぴん立ってます!

改めて「炎舞炊き」の魅力のおさらい!

2つの“業界初”を採用した炊飯ジャーなんです。

(1)   美味しいご飯の原点である「かまど」を徹底的に研究。

(2)   かまどの炎が揺らいでいる。炎は均一ではないということがわかった。

(3)   炊飯ジャーの底のIHヒーターはこれまで1つだったが、それを、それぞれ
   1200ワットの3つのコイルに増強させることで小さな面積に電力を集中させれば、
   局所的に大火力が生まれ、また3つのコイルを順番に稼働させることで複雑な
   対流を生み出し、炎のゆらぎを再現。

(4)   『炎舞炊き』の大火力と集中加熱を生かすため、熱伝導を考えると鉄よりもアルミが
   適しているが、火力の増強を考えると蓄熱性の高い鉄も捨てがたい。
   そこで、鉄をアルミとステンレスではさみ、それぞれの長所を生かした業界初の
   新しい内釜が登場。

この炎舞炊きを1名様にプレゼント!

STVラジオ イイことイロイロ 冬の感謝週間!
十人十色も感謝の気持ちを込めて
工藤じゅんきがアンバサダーを務める象印マホービンの
炊飯器 炎舞炊きを1名様にプレゼント!
容量5.5合炊き・一升炊き、お色ブラック・ホワイトから
お選び頂けます。お聞き逃しなく!

STVラジオをラジオクラウドで聴く
STVラジオをradiko.jpで聴く
紺屋高尾
日高晤郎DVD 2012 「上方寄席芸人伝 桂文京」