どさんこワイド179

GO!GO!平昌〜密着!ロコソラーレ北見・吉田姉妹の挑戦

2017年7月24日(月)

GO!GO!平昌〜密着!ロコソラーレ北見・吉田姉妹の挑戦

本日の特集は、今日で開催まで200日前となった、来年2月韓国で行われる平昌オリピンピックに挑む、北海道ゆかりのアスリート達の情報をお伝えするコーナー「GO!GO!平昌」
今回は、オリンピック出場への決戦を控えた、女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ北見」の吉田知那美選手と夕梨花選手の姉妹に迫りました。
  • GO!GO!平昌〜密着!ロコソラーレ北見・吉田姉妹の挑戦
  • GO!GO!平昌〜密着!ロコソラーレ北見・吉田姉妹の挑戦
  • GO!GO!平昌〜密着!ロコソラーレ北見・吉田姉妹の挑戦
カーリングの町・北見市常呂町出身の吉田知那美選手と夕梨花選手は、北見市のチーム「ロコ・ソラーレ北見」に所属、姉妹でオリンピックを目指しています。

「ロコ・ソラーレ北見」は、昨年3月にカナダで行われたカーリング女子世界選手権で、当時世界ランキング9位の日本が準優勝するという快挙を成し遂げました。
日本カーリング界としては、男女のこれまでのオリンピック・世界選手権を通じて、初のメダル獲得でした。
そんなチームを、明るく楽しく盛り上げてきたのが吉田姉妹です。

2人がカーリングを始めたのは、知那美選手が7歳、夕梨花選手が5歳の時。姉妹揃って常呂町のジュニアチームでも活躍しました。
そんな2人を当時から指導してきたのが、現在のチームのコーチを務める小野寺亮二さんです。

小野寺コーチ: 身体が柔らかい子だったからフォームも綺麗だったし、当時は色んな所で大人のチームとも試合をしていました。(知那美選手は)中学2年の頃に五輪代表チームを破ったことも。

姉の知那美選手は中学2年生の時に、日本選手権で、当時トリノ五輪に出場した「チーム青森」と対戦し、中学生チームが大金星を挙げています。
その後、2014年のソチ五輪で、日本代表チーム「北海道銀行フォルティウス」のメンバーとして出場。世界の強豪を相手に健闘しましたが、自分が思うような結果を残せませんでした。

知那美選手: 正直、4年前のオリンピックが終わった後に、一度カーリングから離れようと思っていて…。また次のオリンピックを目指せるステージに立てるとすら思っていなかったので、もし9月(代表決定戦)に勝つことができたら、「初めてのオリンピック」という気持ちで、このチームで最高のオリンピックにしたいと思ってます。

「ロコ・ソラーレ北見」が平昌五輪に出場するためには、9月に行われる平昌五輪代表決定戦に勝利しなくてはなりません。相手は強豪の中部電力です。

夕梨花選手: 日本代表を決める大会で、日本のレベルを上げるためにも、私たち2チームが頑張らなくてはと思います。

子どものころから続けてきた、カーリングというスポーツを、さらに盛り上げるためにも。
持てるチカラすべてを使い、吉田姉妹はオリンピック出場を目指します。
どさんこアプリ