どさんこワイド179

旅のトビラ〜初秋の「知床」 秘境の湖を求めて…

2017年9月7日(木)

旅のトビラ〜初秋の「知床」 秘境の湖を求めて…

“まだ知らない北海道に会いに行こう”をテーマにお送りするコーナー「旅のトビラ」。今回は、知床半島最大の湖「羅臼湖」を求めて、林美玖アナウンサーが“初秋の知床”を旅しました。

カラフトマスの遡上

  • 特集
  • 特集
手つかずの自然と希少な野生動物が暮らす、世界自然遺産の「知床」が今回の旅の舞台です。羅臼町と斜里町の2つからなる知床半島、まずは斜里町ウトロを訪ねました。この日は、オンネベツ川にお盆時期から遡上している「カラフトマス」の500匹の群を見ることができました。毎年繰り返される知床の秋の風景です。

「知床ネイチャークルーズ」

【営業期間】〜10月15日(日)まで(要予約)
【電話番号】0153-87-4001
  • 特集
    ●参加費 大人 8000円、小学校まで4000円
  • 特集
続いては羅臼町に移動し、この時期もっとも遭遇率が高くなるという「クジラ」に会うため、知床ネイチャークルーズに参加しました。初めてのホエールウォッチングに林アナはドキドキです。
まず姿を見せたのは「イシイルカ」です。船の近くを飛ぶことが多いイルカだそうです。そして出航から1時間、念願だった「マッコウクジラ」の姿を遠くで見ることができました!マッコウクジラは息継ぎのために浮上してくる時間は7〜8分程で、その後は1時間も呼吸をせずに潜水が可能です。もし見られたらラッキーかもしれません。

魚寳(ぎょほう)

【住所】羅臼町本町(道の駅 隣)
【営業期間】9月末まで
【営業時間】11:00〜20:00
【定休日】不定休
  • 特集
    ●羅臼産「ホッケの開き」1500円
  • 特集
お昼は、地元で揚がった新鮮な魚介が楽しめる炉端焼きのお店にお邪魔しました。今のおすすめは、羅臼名物の立派な「ホッケ」と、油のり抜群の高級魚「キンキ」です。炭火焼きで、中はふんわり、外はカリッと仕上がります。

旅の目的「羅臼湖」へ…

  • 特集
  • 特集
旅は2日目。いよいよ旅の目的である「羅臼湖」へ出発です。湖周辺には駐車場がないため、路線バスで移動します。遊歩道の入口からは、片道3キロ、約2時間の道のりを歩きます。30分程歩くと観光スポットとして人気の「三の沼」に到着しました。湖面に山の稜線がくっきりと映る“鏡の沼”です。
  • 特集
  • 特集
そして一番標高が高い「四の沼」や、一番面積が広い「五の沼」を経て、周囲3.7キロ、知床半島最大の湖「羅臼湖」に到着です。標高740mにある羅臼湖は雲が流れやすい地形で、幻想的な景色が広がっていました。
どさんこアプリ