どさんこワイド179

住宅街で発見!新・行列のできる店

2017年10月11日(水)

住宅街で発見!新・行列のできる店

本日の特集は、住宅街にある行列のできる人気店をご紹介!雑炊専門のカフェや、本物志向のお寿司をランチで手軽にいただけるお店など、穴場が登場しました。

35(サンゴ)ストック 〜35stock〜

【住所】札幌市北区北35条西8丁目
【電話番号】011-776-6709
【営業時間】11:00〜20:30(ラストオーダー) ※ねらい目時間 15:00〜
【定休日】不定休
※1日4組まで予約可
  • 35(サンゴ)ストック 〜35stock〜
  • 35(サンゴ)ストック 〜35stock〜
6月にオープンした雑炊専門カフェです。工務店が企画しており、“木のぬくもりを感じられる素敵な店内”と評判になりました。開店前から人が並び始め、開店と同時にほぼ満席になります。

お店は開店と同時にほぼ満席になりますが、確実に入りたい方向けに、1日4組まで予約を受け付けています。また、15:00以降は比較的スムーズに入れます。
2階にはキッズスペースもあるので、お子さん連れにもおすすめです。
  • ●雑炊セット 焼煮干し出汁(カキ・三つ葉・卵) 1250円
    ●雑炊セット 焼煮干し出汁(カキ・三つ葉・卵) 1250円
  • ●和のサンデー(山椒・はちみつ) 730円
    ●和のサンデー(山椒・はちみつ) 730円
マネージャーの浅野正嗣さんは「現代に合わせた新しい雑炊を作りたい」と器や味付けに工夫を凝らしています。これからの時期にオススメの「焼煮干し出汁(カキ・三つ葉・卵)」は、カキをメインに、煮干しを焼いた“焼煮干し”やかつお節の出汁がきいたセット。焼き煮干しの香ばしさが、カキの美味しさを一層引き立てています。
雑炊には、サラダ・小鉢・漬物がセットになっており、こちらも美味しいと人気です。
雑炊は全部で9種類あり、鶏の出汁を使った野菜たっぷりの「鶏出汁(豚しゃぶ・10種野菜・ポン酢)」や、コクのある海老の出汁を使った人気の「海老味噌 鶏出汁(ズワイ蟹・ローストポテト・チーズ)」等もご紹介しました。

カフェには欠かせないデザートも、行列ができる理由の一つです。
ご紹介した「和のサンデー」は、ソフトクリームの上に和食の調味料・山椒がかかった、新感覚のデザートです。

●雑炊セット 鶏出汁(豚しゃぶ・10種野菜・ポン酢) 1250円
●雑炊セット 海老味噌 鶏出汁(ズワイ蟹・ローストポテト・チーズ) 1250円

鮨 やしろ

【住所】札幌市中央区北1条西23丁目
【電話番号】011-215-7123
【営業時間】ランチタイム 11:00〜12:30(ラストオーダー) ※シャリが無くなり次第終了
【定休日】月曜日
※一部予約可
  • 鮨 やしろ
  • 鮨 やしろ
オープンして約5年、円山のマンション街にある、対面で握ってくれるお寿司屋さんです。口コミで人気が広がり、お昼時は行列が絶えません。こちらも開店してすぐに満席になりますが、今月から一部予約も始めたそうです。
  • ●ランチメニュー にぎり 15貫(吸物・アイス付) 1944円
    ●ランチメニュー にぎり 15貫(吸物・アイス付) 1944円
  • ●ランチメニュー にぎり 15貫(吸物・アイス付) 1944円
    ●ランチメニュー にぎり 15貫(吸物・アイス付) 1944円
この道50年の大将・古村春喜さんは「(50年の)集大成のお寿司を作りたい」と話します。
ネタの一つ一つに大将の心意気が詰まった「にぎり 15貫」は、常連さんが「価格以上」と大絶賛する、一番人気の本格お寿司ランチです。
今が一番美味しいという大将自慢の「活ダコ」の他、適度に炙った「白老牛」や、通常の2倍以上の時間をかけて育てた“特製なめこ”に和風出汁で味付けした「なめこの軍艦」、かいわれ大根を道産昆布で締めた珍しいネタ等、大将の工夫が施されたユニークなネタも並びます。
どさんこアプリ