どさんこワイド179

どさんこ釣〜りんぐ!2018年も爆釣なるか!?

2018年1月5日(金)

どさんこ釣〜りんぐ!2018年も爆釣なるか!?

特集
かつてSTVで日曜日の夕方、北海道のお茶の間に『感動』と『笑い』をお届けしていた、あの釣りバラエティー番組が装いを新たにどさんこワイドで蘇りました!今回も、釣り初心者の村雨アナが冬の日本海に挑みます。助っ人は釣り歴40年のベテラン法邑勇作(ほうむら・ゆうさく)さん。STV制作の「ブギウギ専務」爆釣倶楽部で名誉顧問として活躍し、自ら小樽で釣り具店を営んでいます。

寿都でホッケ釣りに挑戦!村雨“爆釣”

  • 特集
  • 特集
今日の狙いは「ホッケ」です。道内でもホッケ釣りの有名なポイント、寿都町の弁慶岬で釣りスタートです。今回村雨アナがチャレンジしたのは「ウキ釣り」です。少し長めの竿に、上からウキ、オモリ、エサを付けて行う、村雨アナのような初心者でも気軽に楽しめる釣りです。
まわりの釣り人はもちろん、法邑さんも良型のホッケを釣り上げている中、自分だけ小さいものばかり釣り上げてイライラする村雨アナ。しかし場所を移動したところ、良いサイズのホッケを連続ゲット!2時間で15匹ものホッケを釣り上げることができました。

初の船釣り挑戦!次の狙いは「ヒラメ」

  • 特集
  • 特集
次は船釣りに初挑戦です!小樽運河から1時間ほどの小樽沖で、高級魚「ヒラメ」を狙います。ヒラメはイワシなどの生きた魚を食べる習性がありますが、北海道では主に冷凍のオオナゴ等をエサとして釣るため、魚を生きているように見せる道具「バケ」を使います。竿を常に動かして行う「バケ釣り」です。
しかし…村雨アナは「ギスカジカ」を2匹釣り上げただけ。船に同乗していた釣り人は、ヒラメをダブルでゲットしていました!村雨アナにも期待が持てます。しかし、船に電圧トラブルが発生!このまま続けては帰れなくなるかもしれない、ということで安全第一!ここでヒラメ釣りは断念です。

今度は「チカ釣り」で勝負!

  • 特集
  • 特集
気を取り直して、続いては小樽の厩岸壁(うまやがんぺき)にやってきました。釣り初心者にもってこいという「チカ釣り」にチャレンジです。チカ釣りの有名ポイントで、ご家族で釣りを楽しんでいる方もいました。このコーナー「どさんこ釣〜りんぐ」のファンだという釣り人にも出会いました。ここで村雨アナと法邑さんは、どちらがたくさん釣れるか「チカ釣り対決」を開始!制限時間の30分間では「2-2」の引き分け、延長戦で先に釣り上げた村雨アナが勝利しました。
後日、勝者・村雨アナには法邑さんから素敵な「ネーム入りのライフジャケット」が贈られました!

絶品!星澤先生の「ホッケのみそれ鍋」

  • 特集
  • 特集
釣りを楽しんだ後は魚をおいしくいただきます。今回の料理コーナーは、新鮮な小樽の魚介が味わえる「炉ばた屋 鶴吉 (小樽市花園1-8-23)」にお邪魔しました。料理人は我らが星澤先生です!今回は、ホッケを使った「みぞれ鍋」を教えていただきました。

<材料>
ホッケ2尾、細切り昆布ひとつまみ、長ねぎ2本、しめじ1パック、白菜3枚、しょうが1片、大根おろしカップ1杯、木綿豆腐1丁、鮭節ひとつまみ、水カップ5杯
調味料…みそ大さじ5、しょうゆ・みりん各大さじ1、酒大さじ3、粗みじん切り唐辛子少々

<作り方>
(1)ホッケはウロコを処理し、頭と内蔵を取ります。軽く水洗いしたらぶつ切りにします。
(2)ボウルに、みそ・みりん・しょうゆ・酒を入れて混ぜ合わせます。
(3)細切り昆布を入れて沸騰させたお鍋に鮭節を加えて、白菜・ホッケ・しょうがを入れ、合わせておいた調味料を入れます。
(4)最後に豆腐・長ねぎ・しめじを加えて火が通ったら完成です。
どさんこアプリ