どさんこワイド179

カレー研究家が厳選!札幌、至極のカレー3杯

2018年2月1日(木)

カレー研究家が厳選!札幌、至極のカレー3杯

特集
1年間に食べるカレーの数はなんと800食!全国のカレー店を食べ歩き、おいしいカレーの作り方も教えるカレー研究家・一条もんこさんがオススメする、札幌の“至極のカレー3杯”をご紹介しました。

こうひいはうす

【住所】札幌市中央区南20条西15丁目 伏見コーポ1階
【電話番号】011-561-9115
【営業時間】11:30〜21:00 (日曜20:00まで、水曜15:00まで)
※スープが無くなり次第終了
  • 特集
  • 特集
    ●寄せ豆腐カレー 800円
1軒目は、市電「ロープウェイ入り口停留場」すぐ、知る人ぞ知るスープカレーの老舗「こうひいはうす」です。一条さんが厳選した1杯は、こちらの「寄せ豆腐カレー」です。ふわっとした豆腐に絡む美味しいスープについて、一条さんは「雑味が全然ない。飲んだ瞬間、野菜、肉、すごくクリアに感じる」と絶賛します。

スープは鶏ガラから出汁を取っていてますが、一度オーブンで焼いています。余分な脂を落とすことで、雑味の少ないクリアなスープに仕上がるそうです。一般的ではない“手間”がカレー通の心を鷲掴みにするようです。スープカレーと言っても野菜は素揚げではなく茹でているのでヘルシーです。豆腐は近所にある老舗店の寄せ豆腐を使い、野菜も道産で旬のものにこだわっています。

黒岩咖哩(カリー)飯店

【住所】札幌市中央区大通西8丁目 北大通ビル地下1階
【電話番号】011-596-9987
【営業時間】11:00〜19:00
【定休日】日曜日、祝日 (ほか不定休あり)
  • 特集
  • 特集
  • 特集
    ●黒辛カレー 750円
カレー研究家・一条さんが2軒目に選んだのは、札幌市中心部にある「黒岩咖哩飯店」です。オーナーはSTVのテレビやラジオで活躍する黒岩孝康さんです。一条さんはお店の常連客で、オーナーとは大の仲良しのようです。一条さんが足しげく通うお目当ては「黒辛カレー」です。黒い見た目がインパクト大ですが、爽快な辛さの中にある“酸味”がポイントだと一条さんは言います。

「黒さ」の秘密は、玉ねぎたっぷりのルーに加える特製ソースです。作り方は企業秘密ですが、レモンと酢が隠し味に入っていると教えてくれました。一条さんは「ミステリアスな酸味がこのカレーを支えている。1日や2日では出せない味。」と称賛します。

エイトカリィ

【住所】札幌市豊平区平岸1条2丁目
【電話番号】011-555-4745
【営業時間】10:00〜14:30(ラストオーダー)、17:00〜20:00(ラストオーダー)
※土曜、日曜は通し営業
【定休日】水曜日
  • 特集
    ●やわから角煮カツのカレー 1400円
  • 特集
3軒目は、地下鉄・中の島駅から徒歩8分、住宅街にある「エイトカリィ」をご紹介しました。こじんまりとしたお店ですが「実力は全国トップクラス」と一条さんは言います。その絶賛するカレーが「やわから角煮カツのカレー」です。分厚いカツはスプーンで切れる柔らかさ。実は、角煮をフライにしたカツだから柔らかいんです。オリーブオイルで揚げているので胃もたれしにくく女性客にも人気です。
ルーは、鶏ガラや豚足などを煮込んでつくる白湯スープがベースです。ラーメンのスープのようですが、実はご主人は元ラーメン職人。その経験を生かしてカレーを作っています。16時間も煮込んだコラーゲンたっぷりルーと、2日間かけて味を染みこませた角煮をサクッと揚げた角煮カツが夢のハーモニーを奏でる1杯です。
どさんこアプリ