どさんこワイド179

浜直〜愛嬌たっぷり!コラーゲンたっぷり!恵山のごっこ

2018年3月7日(水)

浜直〜愛嬌たっぷり!コラーゲンたっぷり!恵山のごっこ

今日の浜直は、冬の味覚「ごっこ」を求めて函館を旅しました。一風変わったご当地ソフトクリームや、愛嬌のあるキャラクターグッズを発見!地元ホテルの料理長が作るごっこ料理のフルコースも堪能しました。

はこだて海鮮市場本店

【住所】函館市豊川町12-12
  • 特集
  • 特集
    ●ごっこ ニット帽1000円、マフラー1600円
函館の冬の味覚を求めてお邪魔したのは、様々な海産物やお土産などが集まる「はこだて海鮮市場本店」です。こちらに“ごっこ”をモチーフにしたオリジナルグッズが色々とありました!帽子やマフラーなど、愛嬌のあるごっこの見た目を活かした可愛らしいグッズです。お店の方にごっこの情報をお聞きしたところ「恵山地区に行けば出会えるのでは?」ということで、いざ函館市恵山地区へ!

道の駅 なとわ・えさん

【住所】函館市日ノ浜町31番地2
  • 特集
  • 特集
    ●昆布ソフトクリーム290円
道中、立ち寄ったのは「道の駅なとわ・えさん」です。こちらでは“とある”ソフトクリームが人気だそうです。それは名産の昆布を使った「昆布ソフトクリーム」。一見すると普通のソフトクリームですが、しっかり昆布の味がします!ツブツブとした舌触りも特徴です。あまじょっぱい昆布の味わいがクセになる、道の駅ならではのご当地ソフトクリームでした。

泳いでる「ごっこ」とご対面!

  • 特集
  • 特集
本物のごっこを見たい!と港を訪れました。しかし、この日は数年に一度の悪天候で海は大荒れ!本物のごっこには出会えないのか…とあきらめかけましたが、漁師の佐藤靖治さんが「漁協の水槽にいるよ」と教えてくれました!村雨アナ、念願のごっことご対面です。
ごっこの正式名称はホテイウオ。ふくよかな見た目から、七福神の布袋様の名前がついた魚です。海底に生息する深海魚で、特徴はお腹にある吸盤。冬場の産卵には、沿岸の岩場に集まってくるそうです。漁師さんも「ずっと見てられる」というほど癒し系の存在です。

ホテル恵風

【住所】函館市恵山岬町61-2
【電話番号】0138-86-2121
  • 特徴
    ●ゴッコ三昧コース 1万3110円 (宿泊代込み)
    ※3月15日(木)まで。仕入状況により変更あり。
  • 特徴
ごっこ料理が食べられるというホテルを訪ねました。この時期人気の宿泊コースが「ゴッコ三昧コース」です。ごっこはコラーゲンたっぷりで、口の中に入れるととろっと溶ける美味しさが特徴です。定番の汁物に、友和え、刺身、唐揚げなど様々。珍しい「握り」は、表面は香ばしく炙られていて、中はレアでぷるっとした食感です。

水無海浜温泉

特徴
ホテルの近くには全国的も珍しい、海辺にある天然の露天風呂があります。「水無(みずなし)海浜温泉」は、恵山火山の熱源によって温泉が海岸に湧き出していて、潮の干潮・満潮により入浴時間が変わるのが特徴です。目の前に広がる太平洋を眺めながら、のんびりと温泉を楽しむことが出来ます。
入浴無料で、足湯は手軽に楽しめます。また、近くに脱衣所もあるので水着を着用して温泉を楽しむことができます。

※入浴の際は、函館市椴法華支所のホームページで入浴可能時間などをチェックしてください→ https://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014041800107/
STVどさんこ動画
どさんこアプリ