どさんこワイド179

緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん

2018年4月4日(水)

緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん

昨日4月3日(火)、悪性腫瘍のため亡くなられたSTVラジオのパーソナリティー・日高晤郎さん。本日は緊急追悼特集として、自らを“ラジオ芸人”と呼び、日々“話芸”を追求してきた晤郎さんの芸人人生を、秘蔵映像を交えながら振り返りました。

35年続いたラジオ番組「日高晤郎ショー」

  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
毎週土曜日、9時間の生放送「ウィークエンドバラエティ日高晤郎ショー」は、STV第一スタジオから公開生放送でお送りしています。晤郎さんの話を聞きたいと、ラジオスタジオはいつも満席。入りきれないお客さんのために、廊下にも座席が設けられることも。
人々の心をつかんで離さない語り口。晤郎さんの話で、泣いたり笑ったり、まさに「日高晤郎ショー」です。しかし、ここに至るまでは、決して順風満帆ではありませんでした。

日高晤郎さんのあゆみ

  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
晤郎さんの芸人人生は、役者からはじまりました。撮影所の大部屋で修業を重ね、17歳で俳優デビュー。市川雷蔵主演の映画では相手役を務め、雷蔵から役者のイロハを学びました。
そして師匠と呼ぶ、勝新太郎からは、常に“魅せる”という芸人魂を学びました。
晤郎さんが琴似のキャバレーでギターを弾いてた時、持ち前の芸人魂を発揮し、歌の合間で客を笑わせてステージを盛り上げました。その話芸が、当時STVラジオのディレクターだった岩本芳修さんの目に留まりました。
岩本さんは「ものすごいテンポが速くて、もの凄い面白い。ギター弾いて、途中で新聞を読むんです。それだけで面白かった。」と、当時を振り返ります。

その出会いから6年後の1983年、「日高晤郎ショー」がスタートしました。役者が話す軽快なセリフ回し、歌手が奏でる心地よいリズム感。芸人として歩んできた人生が、独特の名調子を生み出しました。

活躍の場は、やがてテレビにも…

  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
晤郎さんは、やがてテレビにも活躍の場を広げました。毎週日曜22:30放送のトークバラエティ「日高晤郎のスーパーサンデー」。伊吹吾郎さんや吉幾三さん、五木ひろしさん、北島三郎さん等、毎回、東京から第一線のタレントがスタジオに駆け付けました。夜遅い時間にも関わらず、最高視聴率24.2%を記録する、大人気番組でした。
一昨年には、どさんこワイドにも、1日限定のコメンテータ—として出演していただきました。

北海道を元気に!北海道を愛した晤郎さん

  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
テレビの出演はあっても、あくまでラジオが活動の中心です。
長年愛され続けてきた「日高晤郎ショー」は、様々なイベントを通じて北海道の町や村を元気にする番組でした。
「北海道に住んでいる人が、北海道の美味しいものを知らないといけない!」とラジオで呼びかけて、マチ自慢の味覚を集めたイベント「風土&FOODフェスティバル」を行なったり、「うちのマチを元気にして欲しい」とお願いされれば、そのマチに出向いて9時間の公開生放送を実施するなど、様々なイベントを行いました。

「話芸の完成は80歳。80になったらできると思う。」と話していた晤郎さん。しかし、今年のはじめに悪性腫瘍が見つかり、入院の為、番組開始以来35年で初めて番組を休み治療に専念しました。
  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
  • 緊急追悼特集 ありがとう日高晤郎さん
退院後、日高晤郎さんの強い意志で再び観客の前に戻ってきました。
先月23日に行ったステージ「明日への贈り物」は、晤郎さんが、構成、演出、司会を全て務めました。その姿は、病み上がりとは思えないほどハツラツとしていて、2ステージを見事にこなしたんです。
ショーの翌日は「日高晤郎ショー」の放送がある土曜日。しかし、それが晤郎さん最後の出演になってしまいました。

番組の終盤、晤郎さんは涙ながらに感謝の想いを言葉にしました。

晤郎さん:きょう私は横になって目を閉じた時に「すげえな、オレ幸せだな、楽しいな」ってものを、9時間丸ごともらった…皆さんから。これを約束しなくてどうする。ありがとうございました、また来週!

日高晤郎さん「追悼記帳所」

【日程】4月7日(土)まで 10:00〜16:00 ※7日(土)のみ7:00〜
【場所】STVホール(札幌市中央区北1条西8丁目)
  • 日高晤郎さん「追悼記帳所」
  • 日高晤郎さん「追悼記帳所」
STVホール入口に設けられた「追悼記帳所」には、日高晤郎さんの思い出の写真が飾られています。

日高晤郎さん追悼特別番組〜良く笑えた日は佳い一日だ〜

【STVラジオ】4月7日(土)8:00〜13:50 (STVホール公開生放送)
【STVテレビ】4月7日(土)15:30〜16:55

今週土曜日には、元気だった頃の日高晤郎さんを偲んで、追悼特別番組をラジオとテレビで放送します。
STVどさんこ動画
どさんこアプリ