どさんこワイド179

旅のトビラ〜歴史ある街「函館」の旅

2018年4月6日(金)

旅のトビラ〜歴史ある街「函館」の旅

“まだ知らない北海道に会いに行こう”をテーマにお送りするコーナー「旅のトビラ」。今回は、歴史のある街「函館」を岡崎アナウンサーが旅しました。

船魂(ふなだま)神社

【住所】函館市元町7-2
  • 特集
  • 特集
函館港を望む坂の上にある「船魂神社」は、およそ900年の歴史を持つ北海道最古の神社です。“ふなだまさん”として親しまれ、本州と北海道をつなぐ海の安全を見守っています。こちらの名物は水に溶ける祈願符で、岡崎アナウンサーは旅の安全を祈願しました。

かね久 山田

【住所】函館宝来町25-2
  • 特集
  • 特集
来年で創業100周年を迎えるお蕎麦屋さんです。こちらでは、青森発祥の「津軽そば」がいただけます。そば粉に大豆を練り込んでいるのが特徴で、青森でも珍しい“幻のそば”です。イワシ出汁100%のつゆは、甘さの中に深いコクがあるのが特徴です。函館ではここでしか味わえない一品です。

永寿湯温泉

【住所】函館市湯川町1丁目
  • 特集
  • 特徴
函館は温泉も有名ですが、独自の朝風呂文化が根付いています。創業94年の「永寿湯温泉」は朝6時前でもオープンを待つ常連さんがいました。50年以上通い続けているという85歳の常連さんとご一緒させていただきました。こちらのお湯の温度は46度。「スーっと入らなきゃ!」とアドバイスをいただく岡崎アナです。地元の方はこちらで熱いお湯で温まってから朝ごはんを食べるのが習慣だそうです。

山吹

【住所】函館市東雲町18-8
  • 特集
  • 特集
    ●ニシン 700円
地元客が集う居酒屋さんにお邪魔しました。歌がプロ並みに上手なご主人が“ソーラン節”を歌いながら、今が旬の「ニシンの炭火焼き」を出してくれました。身が分厚くて食べ応えがあり、お酒のアテに最高です。
どさんこアプリ